beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]開幕登録メンバー入りのルーキーは?順大DF三国や明大DF佐藤瑶大ら22名

このエントリーをはてなブックマークに追加

順大へ進学した青森山田DF三国

 第91回関東大学サッカーリーグ戦が15日に開幕する。1部12校の登録メンバー30名が明らかになり、開幕前にメンバー入りしたルーキーは計22名となった。今後、開幕戦前日には追加登録選手も公表される見込み。

 欧州遠征を行う日本高校選抜からは明治大のDF佐藤瑶大(駒澤大高)、順天堂大のDF三国スティビアエブス(青森山田高)、桐蔭横浜大のMF鳥海芳樹(桐光学園高)が登録された。とはいえ、欧州遠征の影響でリーグ戦出場は第2節以降となる見込み。現時点で登録メンバー入りしていない高校選抜の大学進学組も、開幕戦以降に追加登録される可能性が高い。

 最も多く1年生を登録したのはインカレ覇者の筑波大堀池巧監督の率いる順天堂大。ともに5名の1年生を登録。筑波大は昨季のJ3でFC東京U-23の一員として、既に22試合に出場しているMF生地慶充(FC東京U-18)らを登録。順天堂大は全国高校選手権優勝の青森山田高出身、DF三国スティビアエブスらが名を連ねた。

 そのほか、関東王者・明治大は有望ルーキーが多数進学したが、開幕メンバー入りは現時点ではわずか2名。DF佐藤瑶大(駒澤大高)とFW小柏剛(大宮ユース)のみとなっている。

 また“無名の存在”ながら登録メンバー入りを果たした注目ルーキーが東京国際大のFW千田滉斗(東海大札幌高)。195cmのFWが武器のヘディングで1部復帰の東京国際大でどのような活躍をみせるか注目される。なお、専修大流通経済大東洋大は現時点での1年生の登録はない。

 いよいよ大学の新シーズンが始まる。今季はユニバーシアード競技大会の開催年となっており、世界大会への出場を狙うルーキーもいるが現実は厳しいもの。例年1年生がメンバー入りすることはほぼない。既に全日本大学選抜は2年がかりでの強化を行っており、メンバーは固まってきているほか、ユニバの予備登録も迫っているため、リーグ序盤で爆発的な活躍をしない限りは世界大会への出場は叶わない状況だ。

 昨季は開幕節を迎える段階で44名が登録メンバー入りを果たし、そのうち17名が開幕デビュー。ルーキー第1号は第2節で順天堂大のFW浮田健誠(2年=柏U-18)が決めたものだった。今季はどんな選手が躍動みせるか。2017年のルーキーたちの活躍が期待される。

登録メンバー入りしたルーキーは以下のとおり
(※欧州遠征を行う高校選抜)

■明治大
DF佐藤瑶大(駒澤大高)※
FW小柏剛(大宮ユース)

■筑波大
DF岩田佑成(札幌U-18)
MF生地慶充(FC東京U-18)
MF渡辺陽(浦和ユース)
MF手塚貴大(栃木ユース)
FW窪田翔(星稜高)

■日本体育大
MF伊藤純也(FC東京U-18)

■順天堂大
DF三国スティビアエブス(青森山田高)※
DF尾崎駿大(静岡学園高)
MF鬼島和希(柏U-18)
MF大谷京平(柏U-18)
MF望月陸(清水ユース)

■法政大
MF長谷川元希(大宮ユース)

■慶應義塾大
MF杉本崇太朗(名古屋U18)
MF草野信之介(桐蔭学園高)

■専修大
なし

■流通経済大
なし

■駒澤大
GK鈴木悠太(神戸弘陵高)

■桐蔭横浜大
MF橘田健人(神村学園高)
MF鳥海芳樹(桐光学園高)※
MF浅野嵩人(瀬戸内高)

■東京国際大
FW宇高魁人(長崎総合科学大附高)
FW千田滉斗(東海大札幌高)

■東洋大
なし

●第91回関東大学1部L特集

TOP