beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎慎司、レスター行き以前にプレミア移籍の可能性…実現なら王者経験はなし?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司

 レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、プレミアリーグの他のクラブへ行く可能性もあったようだ。『プラネット・フットボール』が報じた。

 岡崎は昨シーズン、レスターへ移籍。それ以前はブンデスリーガでプレーし、直前はマインツのエースとして2シーズンプレーしていた。WBAの元チーフスカウトであるスチュアート・ホワイト氏はマインツ時代に岡崎の獲得を試みていたことを明かしている。

「WBAにいるときに、早い段階での獲得を心がけていた。多くのお金を払う余裕のないクラブにとってそれは重要だ。それでも交渉は多くの人が思うほど簡単ではない」

「例えば我々は岡崎慎司の獲得を求めていた。しかし、マインツは夏に売却することを拒否したんだ。その1年後、レスターが控えめな額で獲得し、プレミアリーグ王者になったんだ」

 レスターへ行く1年前に獲得を狙っていたとされるWBA。もし実現していれば、岡崎はプレミアリーグ王者の一員とはなっておらず、レスターがチャンピオンチームにもなっていなかったかもしれない。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP