beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドルト爆発事件で28歳を逮捕…株価下落を狙っての犯行か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント爆発事件の犯人が逮捕された

 11日にドルトムントの選手たちが乗ったバスが爆発事故に巻き込まれた事件で、ドイツ検察は21日までにドイツとロシアの2重国籍を持つ28歳の容疑者を逮捕した。ドイツ南西部の街、テュービンゲンの近郊でされた。

 事件は11日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のモナコ戦に向かうために移動中のドルトムントの選手の乗ったバスの近くで3回にわたる爆発が発生。バスの右後部が破損し、DFマルク・バルトラが右手首を骨折する重傷を負った。捜査にあたった現地当局はドルトムントを狙った犯行であると断定していた。

 『BBC』など複数メディアが伝えたところによると、犯人は株価下落を狙っての犯行の可能性が高いという。爆発によってドルトムントの選手が負傷、もしくは死亡した際のチームの株価の下落を狙ったもので、滞在先のホテルのIPアドレスを調べた結果、1万5000株ほどの取引が確認されたという。犯人は爆発当日、ドルトムントの選手たちが宿泊していたホテルに滞在していた。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集



TOP