beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ピケ、一発退場のS・ラモスに物申す!? 「家に帰って確認したら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

一発退場となったレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス

 23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節でレアル・マドリーと対戦したバルセロナは3-2の勝利を収め、逆転優勝への望みをつないだ。この試合で一発退場となったDFセルヒオ・ラモスへの判定は妥当なものだったと、DFジェラール・ピケが主張していることを、『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 2-1とバルセロナがリードして迎えた後半32分、ボールを受けたFWリオネル・メッシへの危険なスライディングタックルで一発退場となったS・ラモス。判定に不服だったのか、ジェスチャーを交えて抗議しつつピッチを後にすることになった。

 この行動に物申したのがピケだった。「メッシがボールから離れようとしていたのに、彼は両足でタックルにいったんだ。明らかにボールに触れていないプレーで、議論の余地なんてないよ」とS・ラモスの一発レッドは妥当だと強調。そして、S・ラモスが自身を「指をさしたのが見えたんだ」と挑発していたと明かしている。

「彼らは審判に助けられることに慣れているから、ああいうリアクションが起こるんだ。家に帰って確認したら、彼も後悔するだろう。あれが明らかにレッドカードに当たるプレーだと気づくだろうからね」


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

TOP