beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドがメッシ決勝弾後に叫んだ言葉「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド

 23日のリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2-2に追い付いたレアル・マドリー。だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。

 このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。

「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

 C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP