beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ボールボーイ騒動、水ではなく“アルコール”と判明…乱暴行為の徳島DF馬渡は謹慎処分へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島ヴォルティスは30日、29日にフクダ電子アリーナで行われたJ2第10節ジェフユナイテッド千葉戦で発生したサポーターの“水かけ行為”について、当初「水と思われる液体」と発表していたが、「アルコールと思われる液体」と判明したことを明かした。

 徳島DF馬渡和彰が前半14分にすぐさまスローインをしてプレーを再開しようとした際に、ボールボーイの対応の遅さに苛立ち、そのボールボーイを小突いてしまい、一発退場となった。馬渡はマッチコミッショナー同席のもと、ボールボーイに直接謝罪を行ったという。さらに試合終了後、アウェー側(徳島側)スタンドより、別のボールボーイに液体をかける行為が確認されていた。

 徳島は馬渡に対して、Jリーグ規律委員会の処分が確定するまでの間は謹慎処分とすることを決定。クラブ公式サイトに馬渡のコメントを掲載し、「昨日のジェフユナイテッド千葉戦において、私が引き起こした行動は、いかなる状況であれこのような行動が認められるわけがなく、あってはいけない行為だったと深く反省しております。ボールパーソンの方には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、深くお詫び申し上げます。また、その行動によって不快な思いをされたジェフユナイテッド千葉のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、Jリーグを支えていただいている皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。

「プロサッカー選手である以前に、人としての行動を改めなければいけませんし、申し訳ないで収まるような話ではありませんが、二度とこのようなことが無いよう努めて参ります。今後、処分等についての決定がありますが、しっかりと処分を受け入れ、再度サッカー選手としてピッチに立たせていただける状況となれば、支えていただいている皆様に全力で返していきたいと思います」。

 なお、徳島は30日午後6時の時点で行為者の特定に至っておらず、「本件は、クラブとして見過ごすことの出来ない行為であると考えております」として、行為者の情報提供を求めている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP