beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]際立つプレー、トップ公式戦出場、周囲の高評価もMF山田康太が何より欲する横浜FMユースの白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスユースのU-18日本代表MF山田康太主将

ナイキジャパンは世界で戦う次世代の選手の育成を促進する「NIKE NEXT HERO プロジェクト」を実施中。高円宮杯プレミアリーグの第3節にポイントを獲得した選手の中から横浜FMトップチームでも公式戦出場を重ねる注目MFをピックアップした。

[5.6 高円宮杯プレミアリーグEAST第5節 横浜FMユース 0-2 鹿島ユース 保土ヶ谷]

 ピッチに立っていた誰よりも「何とかしたい」という思いが伝わってくるプレーの数々だった。横浜F・マリノスユースのU-18日本代表MF山田康太主将(3年)は3日前のルヴァン杯で38分間プレー。高校3年生ながらトップチームで公式戦出場を重ねる期待のボランチはユースのステージでも一段階上の技術とテクニック、そして勝利への強い思いを表現していた。

 だが、「きょうは自分のせいかなと思います」という敗戦。失点に繋がるFKを与えた1点目を含めて2失点に絡んでしまった。だからこそ、誰よりもボールに絡み、パス交換で相手の守備網をくぐり抜けてシュートを打ち込み、自分が囮になってのパス、直接FK、加えて守備面でも奮闘。だが、チームを勝利へ導くことはできなかった。監督・コーチが印象に残った相手チームの選手を評価する「NIKE NEXT HERO プロジェクト」では開幕から全4試合でポイントを獲得。山田個人としては常に評価を得るプレーをし、横浜FMの西谷冬樹監督も「良くやっている。良く引っ張ってくれている」と評しているが、チームはこれで開幕から3分2敗とまだ結果が出ないでいる。

 自身にとって初めてキャプテンとしてシーズンを送っているという山田は苦悩しながらの日々。自身の活躍や周囲の高評価よりもチームの勝利に貢献したいという思いがある。この日の敗戦後は「迷惑かけた分、点取りたいと思っていたし、絡みたいと思っていたし、試合開始から自分が中心になってボールを動かして戦うところや、ファイトして戦う姿勢を見せていければと思ったんですけど、もう一歩のところでゴール獲れなかったり、そういうところを詰めていかないと勝てないと今、感じています」と唇を噛んでいた。

 トンネルを抜け出すため、個人としてはトップチームで学んだことを一つでも多く表現してチームに伝え、チームのレベルアップと勝利に貢献するだけだ。トップチームでは主に1タッチでボールを叩いてから前へスプリントする動きを要求されているという。同時にプロの選手たちから学んでいるのが、ポジションやシステムにとらわれるのではなく、状況に応じて動き、チームを修正することだ。

「試合が上手く行っていない時にどうしたら良いのかなと考えて、自分がちょっと引いてボール引き出して絡んだ方がいいなと感じた時は自分が動いてボールを引き出したり、ちょっと前のポジションが薄いなと思ったら一個前に上がって攻撃に厚みをもたらしながらやるとか、プロの試合に行ったらみんな凄く考えているのが分かるので、そこはいい勉強になっていますし、ユースで伝えていきたい」

 ユース年代の試合では予測や身体の入れ方のタイミングでファウルを誘ったり、コンタクトで競り勝つ自信もあるが、トップではまだまだ足りない部分。磨かなければならない部分はまだまだある。それでもいち早くトップチームで経験させてもらっている期待に応えるべく、ユースでは「戻って来た時に何か違いを見せなければいけないと感じてもいます。トップも行くけれど、ユースに帰って来た時にしっかり勝っていい方向に向けるように。自分がトップに行った影響を還元できるようにしていきたい」と誓った。

 この日は敗れたが、後半半ば以降のサッカーを見ても横浜FMには白星を重ねる力が十分にある。山田自身も各ポジションに試合を決める力がある選手がいると感じているだけに、この日鹿島ユースに比べて劣っていた全員が90分間ファイトする部分などを自身が体現しながらチームメートに求めていく。トップチーム、年代別日本代表での活躍も非常に大事だが、それ以上に何よりもユースチームに対する強い思いを持ち、結果にこだわる主将がチームメートとともに現状を脱して、高みを目指す。

(取材・文 吉田太郎)
「NIKE NEXT HERO プロジェクト」
■概要
 高円宮杯 U-18 サッカーリーグ 2017 プレミアリーグの試合を対象に、 各チームの監督またはコーチが試合後、対戦相手の活躍したプレーヤーを各ポジション(GK&DF/MF/FW)ごとに 1選手、計3名選出します。 ※該当なしの場合も、最低2名以上は選出。選出された選手は1ポイント獲得し、プレミアリーグ全18節終了時点で、多くのポイントを獲得した選手を中心としたチームを編成します。

*対象試合:4 月~12 月までの高円宮杯 U-18 サッカーリーグ 2017 プレミアリーグ EAST/WEST で行われる試合が対象。

■NIKE NEXT HERO プロジェクトランキング
 各監督またはコーチに選ばれた選手に加算されるポイントは、Nike ウェブサイト内でランキングされ、確認することができます。

 プロジェクトサイトはこちら

 ナイキジャパン公式 LINE アカウントと友達となって、NIKE NEXT HERO プ ロジェクトのランキングが更新される時に LINE で通知させていただきます。
 ナイキジャパン公式 LINE アカウントはこちら


■海外トップクラブと対戦
 選抜されたチームは、海外トップクラブのユース世代とトレーニングマッチを予定しています。
 実施時期:2018年1月予定

▼関連リンク
●2017 プレミアリーグEAST

TOP