beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

グリエーズマンの穴埋めへ…アトレティコがバーディ&サンチェスに熱視線

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWジェイミー・バーディとFWアレクシス・サンチェスに白羽の矢が立てられた

 アトレティコ・マドリーが今夏の補強候補として、レスター・シティFWジェイミー・バーディアーセナルFWアレクシス・サンチェスの獲得を狙っていることが分かった。英『インディペンデント』が報じている。

 アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、エースのFWアントワーヌ・グリエーズマンマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する可能性が高くなったことで、ストライカーの獲得に本腰を入れ始めたようだ。そこで白羽の矢が立てられたのが、バーディとA・サンチェスの2人だ。

 レスター、アーセナルともに今季は好調なシーズンを送っているとは言えない。バーディは2015-16シーズンにチーム最多の24ゴールを挙げ、クラブ史上初となるプレミア制覇の立役者となった。しかし、今季は3試合を残して12ゴールと昨年の半分にとどまっている。

 アーセナルは来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内、4位以上でのフィニッシュが難しい状況が続き、アーセン・ベンゲル監督の退任説も絶えなかった。A・サンチェスは今季、3試合を残してチーム最多の20ゴールを記録。アーセナルとの契約は2018年6月までだが、アトレティコの他にもバイエルン、パリSG、マンチェスター・ユナイテッドなど複数クラブが獲得に向けて動いていると報じられている。


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集

TOP