beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジュニアから帝京大可児“一筋”のMF西尾綾祐「今年はインハイと選手権に絶対に行きたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生時代から帝京大可児高グラウンドで成長してきたMF西尾綾祐は攻撃の柱のひとり

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の岐阜県予選2回戦が20日に行われ、連覇を目指す帝京大可児高は大垣日大高と対戦する。17日に『NIKE ACADEMY TOKYO supported by JYD』のトレーニングセッションを受けたMF西尾綾祐(3年)が主にフィニッシュをテーマとして行われたトレーニングの感想と総体予選への意気込みを語った。

●MF西尾綾祐(3年)
―きょうのトレーニングで学べたことは?
「オフの動きのところでマークを外せたり、ここへ今走ったら(攻撃のスピードが)速くなるとかいうタイミングですね」

―柿谷選手のオフの動きの話などもあってイメージが沸いたのでは?
「プロはやっぱり考えていることが違うなと思いました。一つのことでも試合をイメージしてやっていたりするので、見習いたいです。日頃から意識していきたい」

―個人的にゴールを増やすための努力をしている部分がある?
「試合後にここ(練習場)へ帰ってきてGK入ってもらってシュートを打ったり、一個一個のシュートを決めることを心がけています」

―地元出身でジュニアからこのグラウンドで練習している。帝京大可児でサッカーをしようと思った理由は?
「仲井監督時代に、メドウでいいサッカーをしているのを見て、ここで全国行ってみたいと思いました」

―他の選手とはまた気持ちが違うかな。
「小学校の時からずっと帝京を見てきて、自分が中1の時から選手権行けていないので、今年はインハイと選手権に絶対に行きたいと思っています。点取られても相手よりも1点多くとか点取って勝ちたいです」

―自分はどういうところを出していきたい?
「(サイドから)中へ入っていって、ターンしてスルーパスとか、ドリブルもシュートも打てるような感じでやっています」

―今年のチームの強みは?
「今年は前に速い選手が多くて、攻め込まれていても残り1分とかで点取れるチームです」

―先輩の杉本太郎選手の時代にインターハイでベスト8へ行っている。
「太郎くんはめっちゃ憧れています。ベスト4狙いたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2017



TOP