beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

渾身ヘッドの山村和也「僕自身も意外だった」前線へのコンバートで躍動

このエントリーをはてなブックマークに追加

前線にコンバートされたMF山村和也

[5.20 J1第12節 大宮0-3C大阪 NACK]

 新境地で輝きを放っている。本職はボランチやセンターバック。今季、セレッソ大阪のMF山村和也は守備的なポジションから前線にコンバートされた。トップ下やツートップの一角に入り、新境地を開拓。「僕自身も意外だったというか、できるのかなという部分はあった。最初は楽しみながらできたのでそれが良かった」。

 0-0で突入した後半立ち上がりから波状攻撃で押し込んだC大阪。山村は豊富な運動量でその起点となり、多くの好機に絡んだ。後半11分にはDF松田陸、MF清武弘嗣とつなぎ、PA内に抜け出した山村が胸トラップから右足シュート。決定的なチャンスだったが、GK塩田仁史の好セーブに阻まれた。それでも1-0で迎えた後半31分、MFソウザのCKに合わせ、186cmの高さを生かした渾身のヘディングシュート。3試合ぶり、今季4得点目となるゴールを叩き込んだ。

 この日はFW杉本健勇を最前線に据え、山村がトップ下。山村だけではなく、FW柿谷曜一朗は本職のトップから左に、清武もトップ下から右サイドハーフにポジションを移している。前線の新ユニットで得点力は爆発しており、清武は「違うポジションでうまくいってるし、点も取れる。ハードワークができている」と収穫を語った。

 高さやキープ力を生かし、攻撃の起点となった山村は「守備と攻撃の距離感を大事にしている。僕が(サイドに)張ったときはバイタルのスペースを(柿谷)曜一朗や(清武)弘嗣に伝えるような動き出しを心がけている」と連携に手応え。裏を狙った動き出しで攻撃を活性化させ、「僕と(杉本)健勇の動き出しも整備できてきたし、ちょっとずつ全体が連動して攻撃につながっているのかな」と自信をにじませた。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第12節2日目 スコア速報



TOP