beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口元気、夢のプレミアリーグ行きが濃厚に…昇格組ブライトンとの合意に接近

このエントリーをはてなブックマークに追加

来季からのプレミア参戦が濃厚と報じられたFW原口元気

 日本代表FW原口元気は今夏にヘルタ・ベルリンを去ることになりそうだ。ドイツ誌『キッカー』によると、原口はプレミアリーグへの昇格を決めたブライトンと交渉に入ったという。

 原口は2016-17シーズン、ヘルタで好調なスタートを切り、主力選手の1人としてチームをけん引する存在となっていた。だが昨秋以来は調子を落とし、ベンチを温める試合も増えていた。そんななか、クラブから今月上旬には2018年までとなっている現行契約の延長オファーが届いていたところだ。

 そのオファーに対し、ヘルタ側は原口に10日間の期限を設けたと伝えられている。だが、新たな報道によると、原口は2021年までと見られるオファーに応じず、「イングランドへの移籍という夢見ている」(『ビルト』)とヘルタを去る決断を下したとのこと。そして、その夢が実現に迫っている模様。『キッカー』による22日付の報道によれば、原口はブライトンとの契約交渉に入っており、合意に近づいているという。

 なおクラブ間の移籍交渉については明らかになっていないが、ヘルタはすでに代役としてインゴルシュタットからオーストラリア代表FWマシュー・レッキー(26)の獲得に動き出しているため、原口の退団を認めるとされている。


●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP