beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[東海]FW遠山拓民が4戦連続弾!静産大が4連勝で首位浮上、常葉大浜松は中京大撃破:第8節

このエントリーをはてなブックマークに追加

常葉大浜松の10番土井が決勝点!上位対決を制した

 第56回東海学生サッカーリーグ1部の第8節が27日に各地で行われた。静岡産業大は岐阜経済大に3-1で勝利し、4連勝を達成。昨季王者が首位浮上を果たした。東海学園大は四日市大と1-1のドローで2位へ下げた。常葉大学浜松キャンパス中京大との上位対決を2-1で制し、3位を守っている。

 静産大は3-1で岐阜経済大を下し、首位の座を奪取した。前半21分にFW中村永輔(4年=岐阜中京高)に直接FKを決められて先制されたが、そこから3発逆転。前半33分にFW遠山拓民(3年=甲府U-18)の4戦連続ゴールとなる直接FKで追いつくと、後半11分にはDF安立大輝(3年=磐田U-18)の右CKからルーキーDF村上涼(1年=四日市中央工高)のヘディングシュートで逆転に成功。

 後半39分には遠山が頭でダメ押しの3点目を決め、3-1の勝利で4連勝。ついに首位に立った。なお、この日の2点で今季通算6得点とした遠山は得点ランクトップタイに立っている。

 首位を守り続けてきた東海学園大だったが四日市大と1-1で引き分け、2戦連続のドローで2位へ後退した。前半30分にMF渡邉柊斗(3年=東海学園高)のゴールで先制したが、終了間際の後半45分にDF成田光希(4年=浜松開誠館高)の突破からMF水野匠弥(4年=磐田東高)に同点弾を許し、勝ち点1を分け合った。

 常葉大浜松は中京大に2-1で勝利し、2戦ぶりの勝ち点3で3位を維持。後半10分にFW杉本マテウス(2年=新居高)の得点で先制した常葉大浜松は、同16分にルーキーMF上田成立(1年=磐田U-18)の浮き球から10番MF土井智之(2年=神戸弘陵高)が右足シュートで追加点。後半40分にMF大谷晃平(3年=桐光学園高)に1点を返されたが逃げ切った。

 前節の勝利で5位まで上げた名古屋経済大は名古屋商科大に2-1で勝利した。MF長濱悠太(4年=三重高)が2得点の活躍で勝ち点3獲得に貢献。3連勝で5位を守った名古屋経済大は、4位の中京大と勝ち点で並んでいる。名古屋商科大は最下位へ転落した。

 名古屋学院大は静岡大と1-1のドロー。後半3分にFW南谷光太(2年=市立船橋高)の得点ランクトップタイとなる今季6点目の直接FKで先制も、後半19分に失点。勝ち点1を手にするに留まり、8位と順位は変わらず。静岡大は今季2勝目が遠い状況だ。

 前節で今季初勝利を手に入れた中部大は勢いそのままに、6位の愛知学院大を4-0で撃破した。勝ち点6に伸ばすと最下位から9位へジャンプアップしている。

 前半7分にFW和田健人(3年=豊川高)のゴールで先制。同10分には先制アシストのMF大橋幹也(2年=愛工大名電高)の左足シュートで2-0に突き放す。後半3分に和田のこの日2点目で3-0とし、同27分にはMF神垣圭哉(2年=岡崎城西高)がダメ押し弾。今季最多4発で2連勝を飾った。痛恨の敗戦を喫した愛知学院大は6位から7位へ下げた。
 
結果は以下のとおり

東海学園大 1-1 四日市大
[東]渡邉柊斗(30分)
[四]成田光希(90分)

中京大 1-2 常葉大浜松キャンパス
[中]大谷晃平(85分)
[常]杉本マテウス(55分)、土井智之(61分)

静岡大 1-1 名古屋学院大
[静]山下宇一(64分)
[名]南谷光太(48分)

静岡産業大 3-1 岐阜経済大
[静]遠山拓民2(33、84分)、村上涼(56分)
[岐]中村永輔(21分)

愛知学院大 0-4 中部大
[中]和田健斗2(7、48分)、大橋幹也(10分)、神垣圭哉(72分)

名古屋商科大 1-2 名古屋経済大
[商]服部雄斗(79分)
[経]長濱悠太2(7、86分)


●第56回東海学生1部L特集



TOP