beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本は安川の先制弾も…安在の豪快ボレーで東京Vがドローに持ち込む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.4 J2第17節 松本1-1東京V 松本]

 J2リーグは4日、第17節を行い、松本山雅FC東京ヴェルディとの一戦は1-1で引き分けに終わった。

 松本は前半13分、20分と裏に抜け出してシュートに持ち込んだFW高崎寛之を起点に攻撃を組み立てていく。30分には、PA外にこぼれたボールをMF工藤浩平が拾い、相手をかわして左足を振り抜いたがGK柴崎貴広の正面。松本は決定機を逃してしまった。

 東京Vは前半35分にアクシデント。FW高木善朗が負傷により担架でピッチ外に運び出され、そのままFW梶川諒太との交代を余儀なくされる。アディショナルタイム3分には、PA手前からDF井林章がミドルシュートを放つが枠を捉えきれず、前半はスコアレスに終わった。

 試合は後半の立ち上がりに動く。松本は後半2分、右CKからMF宮阪政樹がインスイングのボールを入れると、ニアでDF安川有が合わせて先制のゴールネットを揺らす。だが、徐々に東京Vに押し込まれる時間が長くなり、24分にDF安藤淳、31分にMFパウリーニョを入れたが、流れを引き戻すことができない。

 すると、東京Vの再々の攻撃が実り、ついに同点に追いつく。後半38分、MF内田達也のパスを受けた井林が右サイドからクロスを入れ、ファーサイドまで流れたボールをMF安在和樹が右足ボレー。コースはあまりなかったが豪快にニアを抜き、試合を振り出しに戻す。直後に途中出場のMF二川孝広がFW高木大輔と交代したが、試合はそのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第17節2日目 スコア速報

TOP