beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

引退を考えていたメルテザッカー、「あと1年はプレーを続ける」と現役続行の意思

このエントリーをはてなブックマークに追加

引退を考えたというペア・メルテザッカー

 アーセナルのDFペア・メルテザッカーは、今シーズン終了後に引退を考えていたようだが、現役続行を決意している。

 2016-17シーズンは膝の負傷で長期離脱を余儀なくされていたメルテザッカーだが、2-1で勝利したFA杯決勝のチェルシー戦で久々の先発出場を果たした。出場停止のDFローラン・コシールニー、負傷したDFガブリエウ・パウリスタ、体調不良のDFシュコドラン・ムスタフィとセンターバックに多くの欠場者を出し、アーセン・ベンゲル監督は元ドイツ代表DFの起用を決断。そして、同選手はプレミアリーグ王者の撃破に貢献していた。

 メルテザッカーは「すぐに辞めることはない。もう一年契約も残っており、間違いなくプレーを続ける」とドイツ『シュポルト1』に現役を続行する意思を話している。

 先日、元ドイツ代表DFはベンゲル監督に引退の考えがあることを伝え、FA杯優勝が最高のエンディングだと感じたようだ。しかし、クラブはチームキャプテンを引き留めようとしており、同選手も最終的にもう1年現役を続けることを決めている。

 ブレーメンから2011年にアーセナルに加入したメルテザッカーは、210試合に出場し、3度のFA杯優勝を成し遂げている。


●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP