beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ペペとの別れ方はグレーだった」同僚カルバハルがクラブの対応に疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブの対応を疑問視したカルバハル

 07-08シーズンからレアル・マドリーに在籍したポルトガル代表DFペペが、今季限りで契約満了となり、今夏の退団が確実となった。10年にわたってクラブに貢献してきたぺぺの退団について、別れ方がいい形ではなかったと同僚のダニエル・カルバハルが語っている。

 カルバハルはスペインメディア『Movistar+』で「ペペは10年にもわたり、チームのためにすべてを捧げてきた。なのに、彼との別れ方はグレーな形になってしまったね」と発言。

 指揮官ジネディーヌ・ジダンはシーズン終盤でペペをチームの帯同メンバーから外したことも。その真相について問われると、「それはよく分からない。ただ個人的な理由があるのかもしれないね。ただ、僕はそのことについて何かを語ることはできないよ」と語りつつ、クラブがペペに対して敬意を欠いていたと主張している。

 また、退団が決定したペペの他に、アルバロ・モラタも移籍が確実視されていることについてカルバハルは「あまりプレーしていない選手は、移籍を当たり前のように考えるだろう。だって来年の夏にワールドカップに出たいと誰もが思うよ。そんな状況なら、移籍が最善の選択になるだろうからね」と続け、モラタの移籍のうわさについて理解を示している。

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP