beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浅野拓磨、労働許可証が下りず残留へ…アーセナル復帰の“3パターン”に該当せず

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅野拓磨は残留が濃厚か

 シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨は残留へ向かっているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 浅野は昨夏、サンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍。アーセン・ベンゲル監督は「才能あるストライカー」と評したものの、労働許可証を拒否されたことで、シュトゥットガルトへのレンタル移籍を余儀なくされた。2016-17シーズンはブンデスリーガ2部での戦いで、1年を通して継続的な出場機会を手にしている。

 しかし、浅野にプレミアリーグで戦うための労働許可証が下りる可能性は低いと伝えられ、残留が濃厚となっている。1部昇格に貢献した浅野は、新シーズンも引き続きドイツで戦うこととなりそうだ。

 アーセナルは、シュツットガルトが昇格を果たせないか、浅野が25試合の出場機会を得られない、もしくは労働許可証が下りた場合には日本人ストライカーを呼び戻す可能性があったものの、浅野はいずれにも該当しなかった。そのため、シュツットガルト残留が決定的となっている。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP