beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クラブ規模ランキングは浦和が66億円でトップ、J全体では1000億円の大台突破目前

このエントリーをはてなブックマークに追加

16年のJ1を制したのは鹿島アントラーズだった

 Jリーグは20日、16年度のクラブ経営情報を開示した。5月にも50クラブの情報を開示していたが、3月決算の3クラブを加えた全53クラブの情報が発表になった。

 クラブ規模を示す営業収入(売上高)の53クラブの合計値は、6年連続増加となり、約994億円を計上した。15年度と比較して約57億円増加。17年度は初の1000億円の大台を超えることが期待される。

 クラブ単位では浦和レッズが66億600万円でトップ。次いで鹿島アントラーズの55億8200万円、ガンバ大阪の51億4600万円、名古屋グランパスの47億1300万円と続いた。

 前年比では鹿島が前年から12億7100万円のプラス収益を計上。これはクラブW杯で準優勝した影響が大きいとされる。またガンバ大阪も前年から8億6400万円の増収。これは市立吹田スタジアムの開場が影響している。

 J2クラブでも北海道コンサドーレ札幌が4億8200万円の増収。広告収入が好調だったことが要因として挙げられている。

 一方で柏レイソルが1億4500万円、FC東京が1億3700万円、ヴァンフォーレ甲府が200万円の減収となった。柏は入場料収入(▲8300万円)で苦戦した。J2でもモンテディオ山形が3億1600万円、徳島ヴォルティスが2億1400万円、松本山雅FCが2億1400万円の減収。リーグ降格の影響が出ていると考えられる。

■16年度クラブ別営業収入(16年度所属リーグ)
1.浦和 66億600万円 (J1)
2.鹿島 55億8200万円 (J1)
3.G大阪 51億4600万円 (J1)
4.名古屋 47億1300万円 (J1)
5.横浜FM 46億9600万円 (J1)
6.FC東京 45億4100万円 (J1)
7.川崎F 42億5400万円 (J1)
8.神戸 38億6500万円 (J1)
9.広島 37億9400万円 (J1)
10.清水 33億4100万円 (J2)
11.磐田 33億300万円 (J1)
12.大宮 32億300万円 (J1)
13.C大阪 30億800万円 (J2)
14.新潟 29億800万円 (J1)
15.柏 28億7400万円 (J1)
16.鳥栖 27億6600万円 (J1)
17.千葉 25億5600万円 (J2)
18.仙台 22億8500万円 (J1)
19.松本 19億3500万円 (J2)
20.札幌 19億200万円 (J2)
21.福岡 18億3600万円 (J1)
22.京都 17億4300万円 (J2)
23.湘南 16億2700万円 (J1)
24.甲府 15億2300万円 (J1)
25.山形 14億9700万円 (J2)
26.徳島 14億4300万円 (J2)
27.東京V 13億9100万円 (J2)
28.岡山 12億7100万円 (J2)
29.横浜FC 10億6400万円 (J2)
30.岐阜 9億3200万円 (J2)
31.山口 8億8000万円 (J2)
32.北九州 8億5500万円 (J2)
33.大分 7億9700万円 (J3)
34.長崎 7億4900万円 (J2)
35.熊本 7億2000万円 (J2)
36.長野 6億8700万円 (J3)
37.栃木 6億3900万円 (J3)
38.愛媛 6億3000万円 (J2)
39.町田 6億2600万円 (J2)
40.讃岐 6億1300万円 (J2)
41.金沢 6億1200万円 (J2)
42.水戸 5億8900万円 (J2)
43.群馬 5億2200万円 (J2)
44.富山 5億1500万円 (J3)
45.鳥取 4億1200万円 (J3)
46.鹿児島 3億7700万円 (J3)
47.福島 3億2600万円 (J3)
48.秋田 2億8800万円 (J3)
49.沼津 2億6800万円 (参考JFL)
50.相模原 2億6300万円 (J3)
51.琉球 1億9400万円 (J3)
52.YS横浜 1億8900万円 (J3)
53.藤枝 1億6500万円 (J3)
54.盛岡 1億4200万円 (J3)

J1合計 655億2200万円
J2合計 288億7900万円
J3合計 46億1700万円

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP