beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミア勢が揃って今大会初勝利、千葉U-18は2連敗でGL敗退に:A組第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は24日、グループリーグ第2節を行った。グループAは2連敗でジェフユナイテッド千葉U-18(関東9)の敗退が決定。決勝トーナメント進出の2枠を残りの3チームが争う。

 初戦は引き分けに終わった高円宮杯U-18プレミアリーグ勢がグループリーグ突破に望みをつないだ。プレミアリーグEAST首位の清水エスパルスユース(東海1)は千葉U-18と対戦。トップチームに2種登録されているMF新関成弥と、U-18日本代表FW平墳迅のゴールにより2-0で完封勝ち。得失点差で首位に浮上した。

 プレミアリーグWESTで2位のセレッソ大阪U-18(関西4)は横浜F・マリノスユース(関東6)と対戦し、2-1で逆転勝ちした。0-1の後半27分にMF中島元彦が同点となるPKを決めると、30分にMF有水亮が決勝点を挙げた。

 なお、第3節は26日に開催。仮に勝ち点、得失点差で並んだ場合、順位は当該チーム同士の対戦結果で決定する。また、引き分けの場合は抽選で決めることになる。

 以下、A組の順位表と日程

【順位表】
1.清水エスパルスユース(4)+2
2.セレッソ大阪U-18(4)+1
3.横浜F・マリノスユース(3)0
4.ジェフユナイテッド千葉U-18(0)-3

【日程&結果】
第1節(7月23日)
[前橋総合]
清水エスパルスユース 3-3 セレッソ大阪U-18
[清]鈴木魁人2(32分、52分)、平墳迅(52分)
[C]梅木絢都(9分)、藤尾翔太(20分)、小林洵(71分)

横浜F・マリノスユース 2-1 ジェフユナイテッド千葉U-18
[横]藤田一途(37分)、棚橋尭士(53分)
[千]榎本啓吾(10分)

第2節(7月24日)
[前橋フC]
清水エスパルスユース 2-0 ジェフユナイテッド千葉U-18
[清]新関成弥(17分)、平墳迅(60分)

横浜F・マリノスユース 1-2 セレッソ大阪U-18
[横]岩城大助(36分)
[C]中島元彦(67分)、有水亮(70分)

第3節(7月26日)
[宮城総合]
清水エスパルスユース 9:00 横浜F・マリノスユース

[NTT図南]
ジェフユナイテッド千葉U-18 9:00 セレッソ大阪U-18


●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP