beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島ユースと名古屋U-18が2連勝でGL突破!首位通過をかけて最終節で激突:C組第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会が24日、グループリーグ第2節を行った。グループCは、最終節を残して2連勝のサンフレッチェ広島ユース(中国1)と名古屋グランパスU-18(東海2)が決勝トーナメント進出を決めた。

 高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST』所属の広島ユースは愛媛FC U-18(四国)と対戦。前半11分、13分にFW三原大幸、FW明比友宏がそれぞれゴールネットを揺らし、2試合連続で完封勝ちした。

 プリンスリーグ東海で首位の名古屋U-18はアルビレックス新潟U-18(北信越2)と対戦し、MF杉田将宏の2ゴールの活躍により3-1で勝利している。

 最終節となる第3節は26日に開催。名古屋U-18と広島ユースは首位通過をかけて、敗退が決まってしまった新潟U-18と愛媛U-18は今大会初勝利をかけて戦う。

 以下、C組の順位表と日程

【順位表】
1.☆サンフレッチェ広島ユース(6)+4
2.☆名古屋グランパスU-18(6)+3
3.愛媛FC U-18(0)-3
4.アルビレックス新潟U-18(0)-4

【日程&結果】
第1節(7月23日)
[宮城総合]
名古屋グランパスU-18 1-0 愛媛FC U-18
[名]田邉光平(23分)

サンフレッチェ広島ユース 2-0 アルビレックス新潟U-18
[広]満田誠(8分)、仙波大志(27分)

第2節(7月24日)
[前橋フA]
名古屋グランパスU-18 3-1 アルビレックス新潟U-18
[名]手嶋秀(11分)、杉田将宏2(13分、25分)
[新]稲川碧希(36分)

サンフレッチェ広島ユース 2-0 愛媛FC U-18
[広]三原大幸(11分)、明比友宏(13分)

第3節(7月26日)
[前橋フD]
名古屋グランパスU-18 9:00 サンフレッチェ広島ユース

[前橋総合]
アルビレックス新潟U-18 9:00 愛媛FC U-18


●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ



TOP