beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する総体注目の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するストライカー、FW高木慎也(四国学院大香川西高

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体注目の11傑』」

 ゲキサカでは7月29日に開幕する平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義:「選びたい選手やお勧めしたい選手が、たくさんいるのでいつもこの企画は誰を選ぶか悩みますが、今回は、今年見た選手の中から、『今大会を機にブレークするかもしれない』と可能性を感じた選手を選考しました。夏の仙台で彼らがどんなプレーをしてくれるのか、見る人にインパクトを残すことができるのか、活躍に期待しています」

以下、森田氏が注目する11人
GK新田峻也(名経大高蔵高3年)
「初の全国行きを掴んだ新興勢力の隠れたキーマン。高さを活かしたキャッチングに自信を持つ守護神だが、『ボールを回しながら相手を崩すスタイルに、自分の持ち味であるキック力を織り交ぜたい』と話すように攻撃力も高く、正確なロングキックで攻撃にアクセントを加える」

DF西野太貴(丸岡高3年)
「元々は中盤の選手だったが、最終学年を迎えた今年に入ってCBにコンバートされた主将。的確なコーチングと気持ちのこもったボール奪取に加えて、小阪康弘監督が『今年のチームは西野の存在が大きい』と称賛するほどのリーダーシップも備える」

DF中島賢悟(神村学園高3年)
「今年の神村学園はU-18日本代表のFW高橋大悟を中心とした破壊力十分な攻撃が目を惹くが、守備も実力は十分で、インターハイ予選は6試合無失点。中でもCBとしては小柄なサイズながらも、競り合いで強さを発揮する中島の存在は大きく、全国でどこまで戦えるか見ものだ」

DF坂本航大(中京大中京高3年)
「精度の高いロングフィードが光るCB。新チーム発足直後は定位置を掴めずにいたが、インターハイ予選の序盤で出場機会を得ると、岡山哲也監督に『僕らが思っていた以上のパフォーマンスを見せてくれた』と言わしめる働きを披露し、スタメンの座を掴んだ」

DF前野恵吾(市立尼崎高2年)
「FWとトップ下が本職だが、『ポジションは決まっていない。色んな所をやりすぎて、どこが向いているかも分からない』と笑うように、複数の位置をこなせる万能型。インターハイ予選では、3バックの左や左サイドバックを務め、柔らかいボールタッチと左足キックの精度の高さが目を惹いた」

MF江口隆史(明徳義塾高3年)
「183cmの長身に左右両足から繰り出すパスセンスを備えた要注目のボランチ。主将を託された今季は課題だった活動量にも改善が見られ、飛躍を遂げる可能性は十分。『全国に出ただけでは意味がない。全国でも勝てるように頑張りたい』と初戦で当たる東福岡の撃破を狙う」

MF篠永雄大(京都橘高2年)
「空間認知能力の高さを活かしたボール奪取とパスセンスの高さが光るボランチ。2年目を迎えた今季は主軸の一人として期待されており、『大事な所で点を決めたり、梅津(凌岳)クンと一緒にパスで試合を支配してチームに貢献したい』と活躍を誓う」

MF石原利玖(東福岡高2年)
「50m6秒ジャストの快足を活かし、サイドから見せ場を作るアタッカー。中学時代は無名の存在だったが、インターハイ予選からAチームに抜擢されると他を圧倒するスピードで好機を作り、主力に定着。初の全国でその名を轟かせることができるか注目だ」

MF南出紫音(三重高3年)
「高い技術力を活かしたドリブルと裏への飛び出しでチャンスを作るMF。『先輩についていくだけだった昨年と違い、チームを引っ張らないといけない』と意気込む今年は、ピッチで他との違いを見せている。全国では、『力が出せなかった』と昨年のリベンジを果たし、プロ入りを狙う」

MF山口直也(広島観音高3年)
「緩急をつけたドリブルが持ち味のアタッカーで、早生まれとして挑んだ昨年の岩手国体では日本一と得点王を獲得。主将の座を託された今季は、攻撃の要として期待されており、試合状況に応じて左右中央とポジションを変えながら、タメとチャンスを生み出す」

FW高木慎也(四国学院大香川西高3年)
「兄・彰人(G大阪)は力強い突破が持ち味だが、弟の慎也は巧みなボールコントロールとスピードが売り。これまでは、持ち味を結果に結び付けられない印象が強かったが、『今年は勝負の年。FWは点を獲らないと評価されない』と話すようにゴールへのどん欲さが増し、覚醒の予感が漂う」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校総体2017



TOP