beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

右SBで広島デビューの丹羽大輝、敗戦も「全部があかんわけじゃない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF丹羽大輝が右サイドバックでデビュー

[7.26 ルヴァン杯プレーオフステージ第2戦 FC東京1-0広島 味スタ]

 新天地でのデビュー戦。下部組織時代から在籍したG大阪を離れ、完全移籍で新加入したDF丹羽大輝サンフレッチェ広島のユニフォームを着てピッチに立った。試合は0ー1で敗れ、逆転での8強進出とはならなかったが、丹羽は「結果が出ないからといって全部があかんわけじゃない」と強調した。

 同じく初陣となったヤン・ヨンソン新監督は、広島の代名詞だった3-4-2-1をベースとした可変システムを変更し、4-2-3-1を採用した。「4枚のやり方を細かく確認してきた」と中断期間に新布陣にトライしてきた丹羽は「相手に決定的な場面はほとんどつくらせていなかったと思う」と振り返り、「フォーメーションが変わった初めての試合でこれだけできたことには手応えがある」と前を向く。

 本職はセンターバックだが、デビュー戦は右サイドバックでの先発となった。「自分自身は4枚も3枚も経験がある。守り方やオーガナイズが違うけど、声を掛け合ってプレーできた」。新チームに溶け込もうと声を張り上げて最終ライン、右サイドと縦横の連携を意識し、最小失点に止めた。

 積極的な攻撃参加でも見せ場をつくった。後半29分、フェリペ・シウバが落としたボールをペナルティーアーク内で受けると、強烈な左足ミドル。シュートはクロスバーを越えたが、「丹羽は守備もよくできていたし、状況を見て攻撃をしてくれた」とヨンソン新監督も仕事ぶりを評価した。

「監督の指示があって、いい感じで前線に上がっていった。いい形で攻撃に参加できていたと思う。これからもリスクを冒しながらどんどんシュートを打っていきたい」。低迷するチームを鼓舞するように、丹羽は最後までポジティブに語った。

(取材・文 佐藤亜希子)
●ルヴァン杯2017特設ページ
●[ルヴァン杯]プレーオフステージ第2戦 スコア速報



TOP