beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「チームにバレないように…」 FC東京U-18MF品田愛斗が隠していた“気持ち”

このエントリーをはてなブックマークに追加

幾度もチャンスをつくったFC東京U-18MF品田

[8.2 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会・決勝 浦和ユース 0-2 FC東京U-18 味フィ西]

 攻勢を掛けてチャンスを作り続ける。しかし、シュートも放つが得点だけが生まれない。時間が経てば経つほど、FC東京U-18のMF品田愛斗には「正直焦っている部分もあった」ようだ。

 序盤から攻勢を掛けるチームの中で、ボランチの位置に入る品田は「通せなかったら悔しいし、自分の技術にがっかりすることもあるけど、そこが自分の特長」と語る鋭いパスを供給して縦への推進力を生み出す。そして、「相手がスライドして広がっていた部分もあり、チャンスだと思って前に出て行こうと考えていた」と隙を見逃さずにゴール前に顔を出す回数を増やしていくと、同じような形から3度のシュートチャンスを迎える。

 ボールを保持して前を向けば、「チームメイトが良いタイミングで入って来てくれる。選択肢があって迷うくらい」とワンツーからゴールに迫り、前半32分と同43分にはFW原大智と、後半12分にはMF杉山伶央とのパス交換から猛然とPA内に進入。いずれも決定機と呼べる場面だったが、相手選手の体を張った守備に遭ってネットを揺らせなかった。

 他の選手も幾度となくゴールを脅かしたが、ゴールが生まれずに時間だけが過ぎていく。「攻撃がうまくいっていたけど得点が入らなくて嫌な流れがあったし、正直焦っている部分もあった。でも、それはチームにバレないように、隠しながら、自分のやるべきことをまっとうしようとしていた」と苦笑しながら、攻め込みながらも得点が生まれなかった時間帯の心境を明かした。

 しかし、後半34分にFW久保建英のゴールで先制したチームは、同38分にはMF小林幹がダメ押しゴールを記録して2-0の完封勝利を収め、2年連続の日本一に輝いた。「攻めていて入らなくて一発でやられるのは定番の流れであると感じていたので、焦りや怖さもあったけど、そこを乗り越えられたのは今年のチームの強さだと思う」と安堵の表情を浮かべつつ、「今日の優勝は通過点だと思う。チーム全体が一生懸命やることが重要なので、そこをブラさずにチームとして成長していきたい」とさらなる進化を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)
●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ



TOP