beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決勝で1G1A!大会MVPのFC東京U-18MF小林幹「まさか選ばれるとは」

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKで追加点を決め、ガッツポーズをみせる小林

[8.2 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会・決勝 浦和ユース 0-2 FC東京U-18 味フィ西]

 決勝戦で1ゴール1アシスト、前回大会ではチームをスタンドから応援していたFC東京U-18のMF小林幹(3年)が見事に大会MVPの座を射止めた。最終学年での栄誉に「正直、驚きが一番で、まさか選ばれるとは思っていなかった」と照れくささを見せるも、「チームメイトがいたから取れたと思うので感謝したい」と素直な思いを口にした。

 まずは0-0で迎えた後半34分、“10番”らしいテクニカルなプレーでスコアを動かした。左サイドでDF荒川滉貴(3年)からの縦パスを受け、ドリブルでPA内に進入してタメを作ると、ゴール方向を向いたまま真後ろにノールックパス。背後を走っていたFW久保建英(1年)の足元にぴたりと合わせ、待ちに待った先制ゴールをお膳立てした。

「いいゴールを決めてくれたので、ボクにアシストを付けてもらったような感じです」と後輩を立てたが、しぶとく守っていた浦和レッズユースの守備陣をアイデアで打開したビッグプレー。「久保選手とは普段の練習から感じ合っている部分があって、後ろから『ヘイ!』と呼んでくれたので、だいたいこの位置にいるだろうと思ってパスを出した」と、得意の形であったことを明かした。

 後半37分、今度は自らのプレーで試合を動かす。先制点と同じ左サイドで久保のスルーパスを受け、ゴール前にグラウンダーのクロスを送ると、スライディングで止めにかかった浦和ユースDF橋岡大樹(3年)の手に当たってPKの判定。「自分が蹴る権利があると思ったので、真っ先にボールを拾った」とすぐさまペナルティスポットへ向かい、GKの逆を突く右隅にしっかり蹴り込んだ。

「ゴールの後ろにはたくさんのサポーターもいましたし、いろんな人の思いを乗せてシュートを打ったという感じです」と小林。「決定的なチャンスを外した場面もあったので、ホッとしました。ゲーム的にも楽になるゴールだったので、チームのために良いゴールになったと思います」と手ごたえの一撃だった。

 もっとも、試合全体の出来には満足していなかった。試合後、佐藤一樹監督が「20回くらい決定機を外していたんで」と冗談を飛ばしたように、前半にはチーム最多となる3本のシュートを放ちながら不発。試合後には佐藤監督から「決めるの遅いな」と声をかけられたといい、「決めきれない中で最後まで使ってくれたことに感謝。求めているレベルにはまったく行けていないので、もっとやらなきゃいけない」と気を引き締めた。

 また「10番を着けたいと言って着けさせてもらっているなかで、重みだったり、責任だったり、正直すごくプレッシャーもあった」と吐露する場面も。それでも「チームメイトとかスタッフ、サポーターの人たちがみんな大好きで、その人たちと一緒に日本一を取れたのが本当にうれしい」と報われた思いもあったという。

 もちろん、この大会でのMVPはあくまでも通過点で、目標はまだまだ先にある。小林は今季、高校年代最高峰の高円宮杯プレミアリーグEASTを戦う傍ら、FC東京U-23のメンバーとして出場するJ3リーグ戦で、ユース所属選手で最多となる14試合に出場。「これからJ3、プレミア、いろんなところでやると思うんですけど、与えられた場所で常に100%やって、結果を出していきたい」と意気込んでいる。

 そのうえで「昨年の3年生たちができなかった3冠という目標があるので、プレミアリーグも、Jユースカップも取りに行きたい」と史上初の栄冠も視野に。「クラブユースで優勝したことによって、他のチームはFC東京を倒そうというつもりでいると思う。そういった思いに負けない力を付けて、やっぱり日本一のチームだなというところを見せていきたい」。夏に目覚めた“東京の10番”がまた一つ覚悟を決めた。

(取材・文 竹内達也)
●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ



TOP