beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

天皇杯4回戦、8分の6を決める“強運”にサトミキ苦笑い

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤美希さんが8試合中6試合を決める抽選になった

 天皇杯4回戦の組み合わせ抽選会が7日にJFAハウス1階にある日本サッカーミュージアムヴァーチャルスタジアムで行われた。抽選会は約100名の一般観覧者も見守る中で行われ、大いに盛り上がりをみせた。

 抽選は日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長とスルガ銀行株式会社の岡野光喜代表取締役会長兼CEOが組み合わせ番号を引き、元日本代表の三浦淳寛氏とJリーグ女子マネージャーの“サトミキ”こと佐藤美希さんがチーム名の入ったくじを引くという方法で実施された。

 くじは交互に引く形だったが、佐藤さんが引くくじはことごとく対戦カードを決める形となり、会場も騒然。最初のほうは「緊張するぅ~」と笑顔だった佐藤さんも、実に8試合中6試合を決めることになった“強運”に、最後の方は苦笑いだった。ちなみに残る2つは三浦氏が1試合(松本vs神戸)、最後に残った1試合を松崎康弘天皇杯実施委員会委員長が引いた。

 組み合わせは以下のように決まったが、キックオフ時間、会場、チケット販売概要は後日発表になる。

以下、組み合わせ(左側がホーム扱い)
▽4回戦
9月20日
(1)松本vs神戸
(2)浦和vs鹿島
(3)C大阪vs名古屋
(4)筑波大vs大宮
(5)横浜FMvs広島
(6)長野vs磐田
(7)川崎Fvs清水
(8)G大阪vs柏

▽準々決勝
10月25日
[A](1)vs(2)
[B](3)vs(4)
[C](5)vs(6)
[D](7)vs(8)

▽準決勝
12月23日
[A]vs[B]
[C]vs[D]

▽決勝
18年1月1日
未定 vs 未定(埼玉)


(取材・文 児玉幸洋)
●第97回天皇杯特設ページ

TOP