beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

存在感は“二重丸” G大阪はJ1デビュー市丸が躍動も…俊輔のアシスト2発で磐田にダブル食らう

このエントリーをはてなブックマークに追加

G大阪は磐田に今季リーグ戦2連敗

[8.13 J1第22節 G大阪0-2磐田 吹田S]

 7位ジュビロ磐田が敵地で6位ガンバ大阪を2-0で破り、今季の同対戦2連勝を飾った。勝ち点1差の直接対決を制した磐田は3試合ぶりの白星。ホームで敗れたG大阪は3試合勝ちなし(1分2敗)となった。

 G大阪は前節・広島戦(2-2)から先発3人を変更。DF初瀬亮が4試合ぶり、FWファン・ウィジョが2試合ぶりにスタメン復帰し、プロ2年目のMF市丸瑞希が先発でJ1デビューを果たした。フォーメーションはMF今野泰幸を最終ラインに下げた3-4-2-1。市丸はMF遠藤保仁とダブルボランチを組んだ。

 一方、磐田は前節・仙台戦(0-0)と同じ11人。第14節の前回対戦(3-0)で2ゴールを挙げたFW川又堅碁を1トップに据え、MF中村俊輔とMFアダイウトンが2シャドーに入る3-4-2-1で臨んだ。

 序盤の主導権を握ったのはG大阪。遠藤と市丸を中心にボールを動かし、磐田の守備を崩しにかかる。市丸は遠藤をうまくサポートしつつ、機を見て積極的にゴール前へ顔を出した。

 前半11分、右サイドに流れたMF倉田秋が右足でクロスを上げると、ファーの市丸がフリーでヘディングシュート。しかし、コースが甘くなり、GKカミンスキーにセーブされた。同13分には右の遠藤が中央に横パスを出し、市丸がワンタッチで裏へ。PA内右に走り込んだ倉田が右足で決定的なシュートを放つも、ゴール左に外れた。

 G大阪が好機を仕留め切れずにいると、磐田がワンチャンスを生かして先制する。前半19分、左サイドのFKからキッカーの俊輔が左足でクロスを供給。ニアに飛び込んだDF大井健太郎が頭で合わせ、豪快にゴール中央へ叩き込んだ。

 1点を許したG大阪はその後も相手を押し込み、前半34分にはPA手前中央のこぼれ球に市丸が反応。右足で強烈なシュートを見舞うが、ゴール左に外してしまった。守勢の磐田は遠藤のチャージを受けた俊輔があわや負傷という場面もあったが、大事には至らず。1点をリードして前半を折り返した。

 ホームで負けられないG大阪は後半も相手ゴールを脅かし続ける。後半8分にPA内右へ抜け出したFWアデミウソンの折り返しにニアのファン・ウィジョが滑り込むが、伸ばした右足にはわずかに届かず。同10分に市丸がPA内中央のファン・ウィジョへ通したスルーパスはオフサイドで無効となり、同18分にファン・ウィジョが放った右足の強烈なミドルシュートは、GKカミンスキーの手をかすめて左ポストに嫌われた。

 耐える磐田は後半28分に右サイドでFKを獲得。キッカーの俊輔が左足で質の高いクロスを入れると、G大阪のゾーンディフェンスの隙間を突いたアダイウトンがPA内中央からヘッドでゴール右に決め、貴重な追加点を奪った。

 G大阪は後半31分に最初の交代カードを切り、市丸を下げてFW長沢駿を投入。好パスで存在感を見せていた市丸はホロ苦いJ1デビュー戦となった。さらにG大阪は同35分、今野に代えてMF泉澤仁をピッチへ。システムも4バックに変更して攻勢を強めたが、同アディショナルタイム1分に遠藤との交代で送られたFW高木彰人も有効打にはならず、前回対戦と同様に無得点でタイムアップを迎えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第22節2日目 スコア速報

TOP