beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシ、ネイマールを必死に説得していた...「僕が君をバロンドーラーにしてみせる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月下旬に話し合いが行われていた

 バルセロナFWリオネル・メッシは、ブラジル代表FWネイマールパリSG移籍を阻止するために全力を尽くしていたようだ。

 この夏の間、ネイマールのパリSG移籍の可能性は盛んに取りざたされていた。メッシはFWルイス・スアレスと共に、7月21日にネイマールと話し合いの場を設けたとされている。

 メッシはそこでネイマールに対して「何が望みなんだ? バロンドールを獲りたいのか? だったら、僕が君をバロンドーラーにしてみせる」と語りかけ、必死に残留を説得していたという。

 ネイマールは最終的にパリSG移籍を選び、バルセロナには同選手の契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)という大金がもたらされている。

●欧州移籍情報2017-18
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP