beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スアレスのダイブにファンの怒り心頭…95%がシミュレーションに対する処分を求める

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1戦でPKを獲得していたFWルイス・スアレス

 スペインでは、シミュレーションに対する処分が甘いのだろうか。ファンの間で議論が活発化している。

 13日に行われたスペイン・スーパー杯の第1戦、バルセロナレアル・マドリーの一戦(1-3)で、審判の判定が大きな物議を醸した。バルセロナは後半31分にFWルイス・スアレスがGKケイラー・ナバスに倒され、PKを獲得。これをメッシが沈めて一時同点に追いついたのだが、スアレスのプレーはシミュレーションに見えた。

 これに関して、スペイン『マルカ』がアンケートを行っている。「シミュレーションに処分が科されるべきか?」との問いに、4万票が投じられ、95%が「イエス」と答えた。

 最近、サッカー界においては、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入も進みつつある。あまりにも悪質なシミュレーション、審判を欺く行為については、映像を確認してでも処分が検討されることをファンは望んでいるのかもしれない。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP