beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開幕日本人対決は実現せず…高徳出番なしのHSVが白星発進、宇佐美はベンチ外

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールパフォーマンスで足を痛め、負傷交代となったMFニコライ・ミュラー

[8.19 ブンデスリーガ第1節 ハンブルガーSV1-0アウクスブルク]

 ブンデスリーガは19日、第1節2日目を行い、DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVはホームでFW宇佐美貴史所属のアウクスブルクと対戦し、1-0で勝利した。ベンチスタートとなった酒井高は最後まで出場なし。宇佐美はベンチ外だった。

 ハンブルガーSVがいきなり試合を動かした。前半8分、ボルシアMGから新加入のFWアンドレ・ハーンとワンツーの形で抜け出したMFワラシが右クロスを入れ、ファーサイドのMFニコライ・ミュラーが右足ダイレクトで押し込んだ。するとその直後、ゴールパフォーマンス中にアクシデント。コーナーフラッグをつかんだ際に転倒したミュラーは左膝を負傷したか、前半15分に途中交代となった。

 1点リードで迎えた後半もキャプテン高徳に出番は訪れなかったが、守備に重心を置いたチームは固いブロックでアウクスブルクの反撃を跳ね返し、そのまま試合終了のホイッスル。ハンブルガーSVが1-0で逃げ切り、開幕節を白星で飾った。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集

TOP