beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田が決勝PK獲得!チチャリート2発で10人ウエスト・ハムに同点許すもサウサンプトンが劇的勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也が獲得したPKが決勝点となった

[8.19 プレミアリーグ第2節 サウサンプトン3-2ウエスト・ハム]

 プレミアリーグは19日、第2節を行った。日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでウエスト・ハムと対戦し、3-2で勝利した。先発フル出場した吉田は決勝PKを獲得し、勝利に貢献した。

 試合は前半11分にサウサンプトンが先制。MFネイサン・レドモンドのスルーパスをFWマノーロ・ガッビアディーニが左足ダイレクトでゴール右隅に流し込み、スコアを動かす。33分には、DFジャック・スティーブンスが後方からFWマルコ・アルナウトビッチの肘打ちを受け、アルナウトビッチが一発レッドで退場。サウサンプトンは数的優位に立った。

 サウサンプトンは前半37分、MFスティーブン・デイビスがPA内で古巣対決のDFジョゼ・フォンテに倒されてPKを獲得。これをMFドゥサン・タディッチがど真ん中にねじ込み、2-0とリードを広げる。だが、1人少ないウエスト・ハムは45分、MFミカイル・アントニオのシュートはGKフレイザー・フォスターに弾かれたが、こぼれ球をFWハビエル・エルナンデスが右足で押し込み、1-2。チチャリートの移籍後初ゴールで1点を返した。

 さらにウエスト・ハムは後半29分、左サイドからDFアーロン・クレスウェルがクロスを供給し、吉田に競り勝ったFWディアフラ・サコがヘディングシュート。GKフォスターが弾いたボールをチチャリートが右足で押し込み、2-2と試合を振り出しに戻した。

 数的優位を感じさせないウエスト・ハムに押され気味のサウサンプトン。2-2のまま試合は終了かと思われたが、後半アディショナルタイム2分にロングパスに反応した吉田がPA内でDFパブロ・サバレタに倒され、PKを獲得。これをFWチャーリー・オースティンが落ち着いてゴール右に決め、3-2でサウサンプトンが劇的勝利を収めた。


●プレミアリーグ2017-18特集
●海外組ガイド



TOP