beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[全中]史上初4連覇か、県勢悲願か…決勝は青森山田対鹿児島育英館に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝は青森山田中(左)対鹿児島育英館中に決まった

 平成29年度全国中学校体育大会「第48回全国中学校サッカー大会」の準決勝が22日に行われ、青森山田中(青森)と鹿児島育英館中(鹿児島)が決勝進出を決めた。
 
 史上初の4連覇を目指す青森山田中は、多摩大目黒中(東京)に3-2で勝利。前半27分にFW桂田健太郎に強烈な左足弾を決められて先制を許したが、同30分にMF小野暉が得点して試合を振り出しに戻す。後半に入ると、7分にFW粟津瑠来が得点ランキングトップに並ぶ4試合連続ゴールで勝ち越しに成功。同9分にMF鈴木遼のゴールで突き放すと、目黒中の反撃を1点に抑えた。

 九州勢対決となったもう一試合では、鹿児島育英館中(鹿児島)が日章学園中(宮崎)に3-0で快勝。開始2分のFW和田秋斗の左足弾で先手を奪うと、同26分には主将DF立石雷音(らいおん)のゴールで加点。後半に入ってもすぐの4分にFW東郷大雅がゴールネットを揺らして、日章学園に反撃ムードを作らせなかった。両校は九州予選の準々決勝でも対戦しており、その時は日章学園が2-1で勝利していた。鹿児島育英館にとってはリベンジの勝利になった。

 決勝の組み合わせは3年前の大会と同じ組み合わせとなった(1-0で青森山田が勝利)。青森山田中が史上初の快挙達成となるか、鹿児島育英館中がリベンジを達成して鹿児島県勢初の日本一を手にするか――。決勝は明日23日に大津町運動公園球技場で10時にキックオフする。

[大津町運動公園球技場]
青森山田中(青森) 3-2 多摩大目黒中(東京)
[青]小野暉(30分)、粟津瑠来(37分)、鈴木遼(39分)
[目]桂田健太郎(27分)、澤淳平(40分)

[大津町運動公園競技場]
鹿児島育英館中(鹿児島) 3-0 日章学園中(宮崎)
[育]和田秋斗(2分)、立石雷音(26分)、東郷大雅(34分)

(取材・文 児玉幸洋)
●第48回全国中学校サッカー大会特集ページ



TOP