beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシと乾貴士の“あまり嬉しくない”共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシとFW乾貴士の共通点

 バルセロナは20日にリーガ・エスパニョーラ開幕戦を迎え、ホームでベティスに2-0で勝利した。クラブ公式サイトによると、この試合で無得点に終わったFWリオネル・メッシは10本のシュートを記録。そのうち3本をポストに当てていたという。

 1選手による3度のポスト直撃はよくあることではなく、メッシの前に記録したのが2016年2月14日のリーガ第24節レバンテ戦(2-0)でのエイバルFW乾貴士となっている。さらに過去の例をたどると、2006年の元バルセロナのリュドビク・ジュリー氏までさかのぼるようだ。また、クラブ公式サイトではメッシとジュリー氏が“ポストへのハットトリック”を記録した試合でいずれも2-0の勝利を収めていることが興味深い統計としても伝えられている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP