beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前回王者・明治大は3年連続、法政大は3年ぶりの決勝へ!筑波大&流経大は散る:準決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
第41回総理大臣杯全日本大学トーナメント


 第41回総理大臣杯全日本大学トーナメントの準決勝が8日に各地で行われた。法政大(関東4)が昨季の全日本大学選手権(インカレ)覇者・筑波大(関東2)に1-0で勝利。明治大(関東7)は流通経済大(関東5)を2-1で下し、決勝戦へ駒を進めた。

 法政大は筑波大を1-0で下した。前半39分にFW上田綺世(1年=鹿島学園高)のシュートのこぼれをDF武藤友樹(4年=八千代高)が決め、これが決勝点。後半37分にはDF黒崎隼人(3年=栃木ユース)が二度目の警告を受けて退場し、数的不利に立たされたが逃げ切った。法政大は準優勝だった2014年大会以来、3年ぶりの決勝進出となる。

 前回王者・明治大は流通経済大に2-1で勝利し、3年連続の決勝進出を決めた。前半8分にMF佐藤亮(2年=FC東京U-18)が入れた左CKのこぼれをFW土居柊太(4年=浜松開誠館高)が決め、先制に成功。後半28分には途中出場のFW木戸皓貴(4年=東福岡高)が追加点を挙げる。3分後にはFW立花歩夢(4年=流通経済大柏高)にゴールを許し、1点を返されたがそのまま勝利した。

 決勝戦は10日にヤンマースタジアム長居で行われ、2連覇を狙う明治大と1982年大会以来、35年ぶりの優勝を狙う法政大が激突する。

【準決勝】(9月8日)
[ヤンマースタジアム長居]
筑波大 0-1 法政大
[法]武藤友樹(39分=上田綺世)

流通経済大 1-2 明治大
[流]立花歩夢(76分=補・新垣貴之)
[明]土居柊太(8分)、木戸皓貴(73分)


●第41回総理大臣杯特集

TOP