beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]A groupMVP:日大藤沢FW布方叶夢「向上心持って全国でも活躍したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日大藤沢高FW布方叶夢が大会MVPに

 関東・静岡の強豪18校の1年生たちが真剣勝負の場で成長を目指した「2017 Rookie League」は3日、閉会式で個人賞を発表した。

 A GroupのリーグMVPは初優勝した日大藤沢高(神奈川)のチームリーダーであり、得意のドリブルから再三チャンスを演出するなど活躍光ったFW布方叶夢が選出された。

●日大藤沢高FW布方叶夢(1年)
―大会MVPの感想を
「最初からMVP取りたいとか、何かの賞を取りたいという思いが強くて、それで大会に臨んだんですけど、この結果に結びついたので嬉しいです」

―評価された部分はどこだと考えている?
「自分の得意であるドリブルとかが目についたのかなと思っていて、そこを今後ももっと強化していきたいです」

―一方で課題と感じた部分は?
「判断のスピードだったり、後半の途中、疲れてくる時間帯のパスの成功率があまり上がっていなかったり、ドリブルのスピードとか緩急が落ちてきたり、そういうところが今後の課題です」

―先輩たちはインターハイで準優勝
「右サイドの桐(蒼太)くんのカットインからのシュートとか、緩急のあるドリブルとか見れて、全国の舞台でも通用している選手だし、体格とかも似ているんで意識していきたいです」

―今後の目標を教えてください
「ルーキーで全国出れるけれど、今のままじゃダメ。向上心持って全国でも活躍したいです」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 Rookie League特集ページ



TOP