beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

途中交代に怒りのリベリ、アンチェロッティ監督は理解もリアクションには不満

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中交代となったバイエルンMFフランク・リベリ

 バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、交代に怒りを覚えているMFフランク・リベリについてコメントした。ドイツ『スカイ』が報じた。

 バイエルンは12日、チャンピオンズリーググループステージ第1節でアンデルレヒトと対戦し、3-0の勝利を収めた。しかし、2点リードとなった78分にFWトーマス・ミュラーとの途中交代を命じられたリベリは、ユニフォームを脱いでベンチに投げ捨てるなど不満を爆発。アンチェロッティ監督は試合後にそのことについて問われ、以下のように回答した。

「リベリはカードを受けていたので、休みを与える意味でも下げた。90分プレーしたかっただろうから怒りは理解できるが、リアクションは理解できない」

 一方で、この試合が復帰戦となったDFイェロメ・ボアテングはリベリの怒りに理解を示し、「良いプレーをしていたからね」と話している。

いずれにしろ、露骨な不満の示し方は何らかの罰を与えられる可能性があり、快勝したチームに悪影響を及ぼすことになるかもしれない。

●欧州CL17-18特集
●ブンデスリーガ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP