beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ミスから失点も大逆転に安堵の西川 「日本勢の誇りを持って」準決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

声を張り上げるGK西川周作

[9.13 ACL準々決勝第2戦 浦和4-1川崎F 埼玉]

 自分自身のミスを帳消しにしてくれたチームメイトに感謝した。敵地での第1戦を1-3で落とし、ホームに戻ってきた浦和レッズは前半19分に先制を許す苦しい展開を強いられた。

 失点場面はMF中村憲剛からのロングパスに対してGK西川周作がゴールを空けて飛び出したが、最終ラインの背後を取ったDFエウシーニョが一歩早く追いつき、無人のゴールに流し込む形。西川は「もうちょっとボールが伸びてくると思ったけど止まってしまって、うまく対応できなかったのは自分の反省点」と、痛恨の失点を悔やんだ。

「芝生の状況は常にホームでやっているので、自分自身もうちょっと把握していかないといけない。濡れていないとき、濡れているときの差は激しいし、そこを自分のものにできるくらい想定しておかないといけなかった」

 2試合合計1-4とリードを広げられた浦和だが、前半35分にFW興梠慎三のゴールで1-1、2戦合計2-4と追い上げると、同38分に川崎FのDF車屋紳太郎が一発退場となり、完全に流れが変わった。後半は守りに入った川崎Fを浦和が一方的に攻め立て、後半の45分間でシュート数は実に15本対0本。最後尾から戦況を見守った守護神は「一人多い状況をうまく使うことができたし、切り替えも早かった。簡単にカウンターをさせなかったし、そこがシュート数の差にも表れていると思う」と胸を張った。

 後半だけで3ゴールを奪い、4-1の逆転勝利。2試合合計5-4とし、大逆転で4強入りを決めた。準決勝ではグループリーグでも同組だった上海上港(中国)と対戦する。ともに敵地での第1戦に敗れながら逆転で勝ち上がった決勝トーナメント1回戦、準々決勝と同様、アウェーで第1戦(9月27日)を戦い、ホームでの第2戦(10月18日)に臨む。

 グループリーグではアウェーで2-3、ホームで1-0だった上海上港との再戦。西川は「アウェーゴールを取りたい。スタジアムの雰囲気は分かっているけど、ベスト4の雰囲気は違った意味での緊張感が出てくると思うし、楽しみ」と話し、日本勢最後の砦として「自分たちが勝ち上がっていくしかない。日本勢の誇りをしっかり持って戦っていきたい」と誓った。

(取材・文 西山紘平)

●ACL2017特設ページ

TOP