beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清水ユースFW平墳、MF滝、DF伊藤がトップチーム昇格内定…清水の新加入は5人目に

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水ユースのMF滝裕太、FW平墳迅、DF伊藤研太(左から)

 清水エスパルスは18日、清水エスパルスユースのFW平墳迅(18)、MF滝裕太(18)、DF伊藤研太(18)が来季からトップチームに昇格することが内定したと発表した。清水はすでにMF西村恭史(興國高)、GK新井栄聡(流通経済大)の入団が決まっており、内定者は合計5人目となった。

 3人はU-18日本代表にも選出されている注目株。平墳と滝はすでにルヴァン杯で、2種登録選手としてトップチームデビューも果たしている。

 岐阜県出身の平墳はSC岐阜VAMOSを経て清水ユースに入団。力強い左足のシュートが持ち味で、今季の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTでは、得点ランキング2位の7得点を記録している。

 静岡県出身の滝は清水ジュニアユースからの所属。ドリブル、パス、シュートと攻撃の全てに絡める能力を持ち、プレミアリーグEASTでは得点ランキング3位タイの6得点を決めている。

 愛知県出身の伊藤は名古屋グランパス三好FCから清水ユースに入団。攻撃参加を武器とする左利きのサイドバックで、守備でも存在感を示すことができる。

 3人はクラブの公式サイトを通じて、コメントを発表している。

「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」(平墳)

「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」(滝)

「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」(伊藤)

3人のプロフィールは以下のとおり

●平墳迅
(ひらつか・じん)
■出身地
岐阜県
■生年月日
1999年5月19日
■身長/体重
180cm/77kg
■利き足

■経歴
SC岐阜VAMOS-清水ユース

●滝裕太
(たき・ゆうた)
■出身地
静岡県三島市
■生年月日
1999年8月29日
■身長/体重
167cm/56kg
■利き足

■経歴
清水Jrユース-清水ユース

●伊藤研太
(いとう・けんた)
■出身地
愛知県
■生年月日
1999年5月12日
■身長/体重
176cm/62kg
■利き足

■経歴
名古屋グランパス三好FC-清水ユース

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP