beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[NB CHAMPIONSHIP U-16]プロ入り決めた先輩FW佐相が憧れ。昌平FW山内が2試合連続決勝ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半9分、昌平高FW山内太陽が左足で決勝ゴール

[9.18 NB CHAMPIONSHIP U-16 昌平高 1-0 静岡学園高 時之栖うさぎ島A]

 プロ入りを決めた先輩FWが憧れの存在。昌平高のストライカー、FW山内太陽が2試合連続の決勝点を決めた。前半9分、山内はFW大竹琉生が頭で競り勝って前線のスペースへ落としたボールに鋭く反応。左足シュートをゴール右隅に突き刺した。

「最初前からガンガンかけて、バックラインで繋いでいるところに食いついて行こうという話をしていた。狙い通りに相手のミスを誘いながら、味方が前に出してくれて。そこに反応速くして、最後はゴールだけ見て思い切り、撃ち抜こうと思っていました」

 一瞬での加速と力強いシュートという持ち味を発揮した先制ゴール。その後も山内は「ぶつかり合いだったり、スピード勝負には相手に勝る部分があった」と名門・静岡学園高を苦しめるプレーを続ける。押し込まれる展開の中、個でボールを収めて前進する彼の存在は大きかったが、接触プレーで痛めていた左膝を再受傷。運動量が激減し、前半終了間際に交代することになった。

 それでも、怪我の影響で予選リーグから1stトーナメント1回戦(準々決勝)まで欠場していたFWが、出場した準決勝、決勝の2試合でいずれも決勝ゴール。さすがに本人は途中交代したことを悔しがっていたが、結果を残したことについては胸を張っていた。

 来季大宮入りする昌平FW佐相壱明(3年)が憧れの存在だ。「3年生に憧れる佐相先輩がいて、ポストプレーやボールの引き出し方とかを見て参考にしている」という。先輩の動きを見て学びながら、自分のプレーを磨いてきたFWは課題だった決定力の部分も向上中。「上の年代で活躍できるように、勝負強さを伸ばしていって、点を決めて、チームの勝利に貢献していきたいと思っています」。勝負強さを発揮してプロ入りを勝ち取った先輩FWのように、ゴールでチームを勝たせるFWになる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017

TOP