beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「王様のつもりか?」ネイマールをデュガリー氏が痛烈批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリSGのFWネイマール

 現役時代にバルセロナやフランス代表で活躍したクリストフ・デュガリー氏が、パリSGのFWネイマールを痛烈に批判した。

 ネイマールは17日に行われたリーグ1第6節、リヨン戦でPKのキッカーをめぐってFWエジソン・カバーニと口論に。試合には2-0で勝利したが、得点に強い意欲を示すブラジル代表FWとウルグアイ代表FWの争いはメディアとファンの関心を大いに引き付けている。
デュガリー氏はネイマールの立ち振る舞いに苦言を呈している。

「ネイマールはパリSGの王様みたいだ。チャンピオンズリーグやリーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得したから、という理由によるものかもしれないね」

「ネイマールはいつも笑顔で、優しくて、他人に敬意を表せる選手だと思っていたよ。初日から命令していたような(ズラタン・)イブラヒモビッチとは、まったく違って見えた」

「カバーニはパリSGに4年在籍している。彼は長くパリに残らないかもしれないが、ベテランの選手に示すべき敬意というものがある。ただ、将来的にはネイマールがパリSGの長になることは間違いないだろうがね」
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP