beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“顔面蹴り”きっかけで前半に2人負傷退場…残留争う札幌vs新潟は序盤からアクシデント続出

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌GKク・ソンユンと新潟FW富山貴光が激突するアクシデント

[9.23 J1第27節 札幌-新潟 札幌ド]

 J1第27節が23日に行われ、札幌ドームでは14位北海道コンサドーレ札幌と最下位アルビレックス新潟が対戦。残留を巡る両チームの一戦は、開始から激しい球際の争いが繰り広げられる展開となった。

 前半7分、ゴール前で札幌MF石川直樹と衝突した新潟GK大谷幸輝が一時ピッチに倒れ込むと、同20分には逆側のゴール前で危険なプレーが発生。左サイドでボールを持った新潟MF山崎亮平が左足でアーリークロスを送り、FW富山貴光が滑りながら飛び込む。だが、ボールに届かず、伸ばした右足の裏が札幌GKク・ソンユンの顎付近を直撃。ク・ソンユンは約5分後に起き上がってプレーを再開させたものの、同26分に左足を押さえてピッチに座り込み、そのままGK金山隼樹との交代を余儀なくされた。

 さらにアクシデントは続く。ク・ソンユンとの接触で左足を痛めていた富山もプレー続行不可能となり、前半30分にFW河田篤秀と交代。札幌は同33分にもFWジェイが相手DFとの競り合いで倒れ込むシーンがあったものの、こちらは大事には至らず。前半だけで3枚のイエローカードが出た試合は同アディショナルタイム7分、FKの流れからMF早坂良太が右足でネットを揺らし、札幌が1点をリードして前半を終えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第27節 スコア速報



TOP