beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

E-1選手権で国内組を“最終選考”へ…ハリル「最後に残る選手を見極める」

このエントリーをはてなブックマークに追加

記者会見に出席した日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督と日本女子代表の高倉麻子監督

 12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会の概要発表会見が25日、都内で開催され、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督、日本女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督が出席した。

 開催時期が国際Aマッチウィークではないため国内組で臨むことになるハリルジャパン。ハリルホジッチ監督は来年のロシアW杯に向け、「この大会は興味深いものになると思う。最後に残るであろう選手を見極める大会になる」と、国内組の“最終選考”の場として位置付けた。

 15年夏に中国・武漢で開催された前回大会は2分1敗の未勝利で初の最下位に終わった。就任から約半年で臨んだ指揮官は「前大会の中国を思い起こせば、いろいろ良くない結果もあった」と振り返り、「2つの目的がある」とする今大会では「まず勝つこと」と、2大会ぶりの優勝を目標に掲げたうえで、「そして最後に残るであろう選手の見極めだ。12月に向けてリストをこれから作っていきたい」と、国内組のさらなる発掘にも意欲を見せた。

 19年女子W杯の予選にあたる女子アジア杯を来年4月に控えるなでしこジャパンにとっても、今大会は絶好の試金石になる。女子アジア杯には韓国、中国の出場も決まっており、高倉監督は「世界の中でもレベルの高いチームがそろっているので、決して簡単な大会ではない。来年4月のW杯予選に向けて、必ず倒さないといけない相手。新しいチーム、新しい選手が自覚を持って戦えるか楽しみにしている」と抱負を述べた。

 日本、韓国、中国の3か国で持ち回り開催されている東アジア杯は今大会からE-1選手権に名称変更され、男子が味の素スタジアム、女子がフクダ電子アリーナで開催される。男子は12月9日の初戦で北朝鮮、同12日の第2戦で中国、同16日の第3戦で韓国と対戦。女子は12月8日の初戦で韓国、同11日の第2戦で中国、同15日の第3戦で北朝鮮と対戦する。緊張関係にある北朝鮮も男女ともに出場するが、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「この4チームでやることに変更はない。予定どおり進めている状況だ」と説明した。

(取材・文 西山紘平)

●EAFF E-1選手権2017特集ページ



TOP