beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]九国大付に勝利の神村学園が3位浮上!逆転全国の可能性残して最終節へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

神村学園高は2位と勝ち点1差の3位で最終節へ

[10.7 球蹴男児U-16リーグ第16節 神村学園高 3-1 九州国際大付高 鹿屋体育大ホッケー場]

 7日、九州の強豪18校が優勝を争う「2017 球蹴男児U-16リーグ」第16節が行われ、4位の神村学園高(鹿児島)と7位の九州国際大付高(福岡)が対戦。神村学園がMF成富勝仁の先制ゴールとFW辻梢吾の2ゴールによって3-1で勝った。神村学園は3位浮上。U16全国交流大会(12月)出場圏内2位の筑陽学園高(福岡)と勝ち点1差で、最終節(対筑紫台高)を戦うことになった。

 神村学園はこの日、主力級の4選手が上級生たちとともに県1部リーグに出場。その試合後に「球蹴男児U-16リーグ」の会場へ移動し、九国大付戦で途中出場した。ただし、その中の一人であるMF軸丸広大が「途中から入ってきた人間がゴールを決めたり、結果を出すことができなかった。先発で出ていた選手たちが勝ち取った勝利でしたね」と振り返ったように、先発出場の機会を得た選手たちの活躍が勝利に繋がった。

 前半11分、MF成富勝仁のゴールによって先制した神村学園に対し、九国大付は35分にMF勝野永遠のゴールで同点に追いつく。だが、神村学園は37分、左SB川崎凱也のパスで抜け出した辻がGKの位置を良く見てからのシュートを決めて勝ち越し。さらに41分にもFW田村翔のクロスから辻が決めて3-1とする。

 九国大付は後半、セカンドボールを拾ったMF森永将斗やスペースへ飛び出すFW小形耀平らのチャンスメークから決定機を作り出す。だが、神村学園はGK山谷海人がビッグセーブを連発。相手に傾いていた流れを引き寄せる。

 終盤、神村学園は軸丸やMF野邊滉生、そしてMF濱屋悠哉と県リーグからの参戦組が中心となって個人技やワンツーなどから次々と仕掛け、ミドルシュートなどを打ち込んだ。九国大付の長身CB大平航輝らに跳ね返されて追加点を奪うことはできなかったものの、3-1で試合を終えた。

 神村学園は3年生の主将、MF高橋大悟の清水入りが内定。「良いお手本が身近にいるのでそれを目指してやっていきたいです」(辻)、「身近な人でプロになる人がいるので、自分たちにもいい影響になっている」(軸丸)という後輩たちは、3年間かけて高橋のような選手になることを目指していく。

 この日は、指揮を取った藤山卓コーチも「(先発組が) よく頑張ってくれた」と評した快勝。軸丸が「このチームは(技術、判断力に加えて)頑張ることができる」というチームは逆転での全国出場の可能性を残したまま最終節を迎えることになった。1年生だけで戦ってきた球蹴U-16リーグはあと1試合。辻が「勝ち負けは後からついてくるのでまずは試合内容。全員で戦って良い形で終わりたい」と語ったように、内容にこだわって戦い、結果として全国切符を引き寄せる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP