beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[国体少年男子]2年ぶりV神奈川県登録全16選手コメント_FW坂巻日向(東京Vユース、1年)「絶対にオレが決めてやるという気持ちでやっていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真協力=高校サッカー年鑑)

[10.5 国体少年男子決勝戦 広島県 0-1(延長)神奈川県 西条市ひうち陸上競技場]

 16歳以下の都道府県選抜チームが日本一を争う第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」サッカー競技少年男子の部は5日午後、決勝戦を行い、神奈川県が広島県に1-0で勝利。2年ぶりの優勝を果たした。攻撃力を武器にチームの切り札として試合の流れを変えていたFW坂巻日向(東京Vユース、1年)が優勝の感想と今後の目標について語った。

※ゲキサカでは優勝した神奈川県選抜の登録全16選手コメントを掲載。 

―決勝戦は悔しい負傷交代になったが、今大会の感想を
「今大会、点を決めることができなくて、決勝では絶対にオレが決めてやるという気持ちでやっていたんですけれども、途中で交代してしまって……。そこも悔しかったんですけれども、あとはチームのみんなが頑張ってくれると思っていたので、祈っていました」
―シュートまで持っていっていたし、自分が決めてやろうという意気込みを感じるプレーだった。
「(山本)理仁から凄く良いパスが来て、ターンまでは良かったんですけれども、シュートはもう少し腰を捻って打てればよかったです」
―個人的に国体はどのような大会だった?
「自分としては出場時間があまり多くなくて、悔しい大会になった。これをチームに持ち帰ってステップアップしていければいいと思っています」
―今後はどのような目標を持っていく?
「次は自チームで先発に定着して、もっといっぱい点を取って最終的に代表に選ばれる選手になっていきたい」
―どのような部分にこだわっていく?
「もっと積極的に前を向いていって、どんどんシュートを狙っていっていいストライカーになっていきたいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」特集

TOP