beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[国体少年男子]2年ぶりV神奈川県登録全16選手コメント_GK山田怜於(鎌倉高1年)「絶対に勝ちたいというのがあったので守れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県GK山田怜於(写真協力=高校サッカー年鑑)

[10.5 国体少年男子決勝戦 広島県 0-1(延長)神奈川県 西条市ひうち陸上競技場]

 16歳以下の都道府県選抜チームが日本一を争う第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」サッカー競技少年男子の部は5日午後、決勝戦を行い、神奈川県が広島県に1-0で勝利。2年ぶりの優勝を果たした。チームのピンチを再三のビッグセーブで救ったGK山田怜於(鎌倉高1年)が優勝の感想と今後の目標について語った。

※ゲキサカでは優勝した神奈川県選抜の登録全16選手コメントを掲載。 

―決勝戦でも、またビッグセーブ。前半には飛び蹴りのようなクリアがあった。
「広島の11番(鮎川)は凄くスピードがあって、自分たちの中ではあの選手止めれればというのがあった。自分自身もそこが一番ピンチになると思っていたので引いて守るよりは、先に触ることを意識していたのでポジショニングを取って行けたかなと思います」
―後半にも抜け出されながらシュートストップした。
「静岡戦も1対1止められて自信になっていたので、あそこで自分の間合いに持って行けて、なおかつタイミングもあって、そこで手が出てと全部状態が揃った中で行けて、あと、自分の中で絶対に勝ちたいというのがあったので守れたと思います」
―平塚監督も「神がかっていた」と。
「しっかり、自分が持っているものを出せたと思います」
―日本一を勝ち取った国体は、自分自身にとってどのような大会だった?。
「今まで(関東ブロック予選などでは)はそんなに出ることができていなかった。自分自身で言うと(出場した時間の中で)失点無しで行けたので良かった」
―特に伸ばすことができたと感じている部分は?
「国体の中で伸びてきたのはDFラインとの声がけだったり、コミュニケーションが上手くなってきたかなというのがあって、自分の強みになってきた」
―次はどのような目標を持っていきたい?
「ここから自分のチームに戻ったら(神奈川県リーグの)参入戦がある。経験を活かしてしっかり戦っていきたい。あと、神奈川県の高体連選抜にも入っていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」特集

TOP