beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[国体少年男子]2年ぶりV神奈川県登録全16選手コメント_MF山本理仁(東京Vユース、1年)「ゲームを決定づけるようなプレーが少なかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県MF山本理仁(写真協力=高校サッカー年鑑)

[10.5 国体少年男子決勝戦 広島県 0-1(延長)神奈川県 西条市ひうち陸上競技場]

 16歳以下の都道府県選抜チームが日本一を争う第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」サッカー競技少年男子の部は5日午後、決勝戦を行い、神奈川県が広島県に1-0で勝利。2年ぶりの優勝を果たした。ハイレベルな技術力と判断の速さ、豊富なアイディアで神奈川県のサッカーを彩ったMF山本理仁(東京Vユース、1年)が優勝の感想と今後の目標について語った。

※ゲキサカでは優勝した神奈川県選抜の登録全16選手コメントを掲載。 

―U-17日本代表のトレーニングパートナーを努め、その直後から国体。タフな大会だった。
「2試合目の静岡くらいからキツかったんですけれども、直前の静岡合宿でも(U-17日本代表選出のため、神奈川県のメンバーから外れた斉藤)光毅に『優勝してこい』と言われていたので、光毅の分も絶対に優勝したかった」
―決勝戦の最後は足が攣っていたが、それでも立ち上がって自分がゴールを決めようとしていた。
「点決めていないし、決めたいなという気持ちがありました。神奈川のためにやれることがあればやろうと」
―疲労もあってこれまでの試合に比べるとあまり良さを出せなかったようだが?
「(広島県の守備が)自分に結構来ていたのもハーフタイムくらいには分かっていたし、もっといい選手になるためには厳しいチャージとかの中でももっとできないとダメなのかなと思います」
―自分にとってこの国体の優勝とは?
「自分の中でいい経験になったと思うし、日本一っていうのは初めてなので、クラブに帰っていいものにしていきたいと思います」
―MVP級の活躍。見ている人の印象に残るようなプレーができたのでは?
「MVPは(宮城)天でしょう(微笑)。ゲームを決定づけるようなプレーが少なかったと思うので、まだまだかなと思います」
―自分の世代を引っ張っていくという決意があると思うが?
「U-17を離れる時に(U-17代表監督の)森山さんたちから『(U-16世代は)オマエらが引っ張っていくように』と言われていた。もっと自覚を持って、自分が世代を引っ張っていくという気持ちでもっともっとレベルアップして、18から立ち上がる代表をしっかりと引っ張っていきたい」

(取材・文 吉田太郎)
●第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」特集

TOP