beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「国際サッカー史上最高のパフォーマンス」土壇場ハットのメッシに英メディアが“10点満点”

このエントリーをはてなブックマークに追加

『スカイ・スポーツ』がリオネル・メッシを大絶賛

 英メディア『スカイ・スポーツ』がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを大絶賛している。

 南米予選は残り1試合で、2位ウルグアイ(勝ち点28)から7位パラグアイ(勝ち点24)まで勝ち点4差と大混戦。最終節の結果次第で順位が大きく変わる可能性があった。そんな中、W杯出場圏外6位のアルゼンチンは10日、W杯出場を懸けて8位エクアドルと対戦した。

 エクアドルの首都・キトで行われた一戦は、アルゼンチンにとって標高約2800mの高さにあり、W杯予選直近3戦の成績が2敗1分となっているだけでなく、最後に勝利を飾ったのは2001年と“鬼門”の地だった。アルゼンチンは勝たなければいけないプレッシャーからか開始から硬さがみられ、わずか38秒でまさかの失点。嫌な雰囲気が流れたが、その流れをエースが断ち切った。

 まずは前半12分、MFアンヘル・ディ・マリアとのワンツーから左足アウトで流し込み、先制点。さらに20分、ディ・マリアのパスのこぼれ球を拾ってPA左から豪快な左足シュートを突き刺し、一気に逆転に成功する。後半17分には、ドリブルから味方をおとりにして自ら左足シュートを沈め、ハットトリック達成。“運命の一戦”で3-1の勝利に大きく貢献し、3位で12大会連続17回目のW杯出場に導いた。

 この結果を受けて『スカイ・スポーツ』は、メッシに「10」 の満点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出。さらに「国際サッカー史上最高の個性を披露した」と殊勲のエースを称えた。

●ロシアW杯各大陸予選一覧
●ロシアW杯南米予選特集



TOP