beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

HSVの20歳FW伊藤達哉に2つのビッグクラブが関心か

このエントリーをはてなブックマークに追加

HSVで存在感を高めているFW伊藤達哉

 ハンブルガーSVの20歳FW伊藤達哉に対し、インテルマンチェスター・シティが興味を示しているようだ。英『トーク・スポーツ』が伝えている。

 伊藤は2015年7月に柏レイソルの下部組織からハンブルガーSVに加入。U-23チームで経験を積み、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦で途中出場からトップチームデビューを果たした。続く同30日の第7節のブレーメン戦では早くもトップチーム初先発。途中交代する際にスタンディングオベーションを受けるなど、キレのあるドリブルでファンの心をつかんだ。今季はブンデスリーガで2試合に出場し、U-23チームが在籍する4部リーグでは7試合の出場で5アシストを記録している。

 記事では「このウィンガーのパフォーマンスがインテルとマンチェスター・シティの目を引いており、両クラブは1月からアプローチしている」とレポート。ビッグクラブからの関心が伝えられる伊藤だが、ドイツ『ビルト』によると、ハンブルガーSVは20歳FWの残留を希望し、新たな契約を用意しているようだ。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集
●セリエA2017-18特集



TOP