beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手_筑陽学園FW過能工太郎「絶対にヒガシを倒して全国で優勝したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会優秀選手に選出されたFW過能工太郎(筑陽学園高)

 九州地域のU-16の年代において長期に渡るリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日の最終節後、閉会式で大会優秀選手5選手を発表した。

 最終節の敗戦によってチームは2位から4位に後退し、全国大会出場こそ逃したものの、スピードを活かした仕掛けやキープ力、得点力を発揮し、筑陽学園高の上位進出に貢献したFW過能工太郎が優秀選手に選出された。

以下、過能コメント
―リーグ戦を振り返って。
「厳しい相手ばかりで、厳しい試合が続いて、今日で全国が決まるんだったんですけれども、最後、日章に負けてしまって凄く悔しいです」
―大会優秀選手。どのようなプレーが評価されたと思う?
「FWなのでボールを収めて味方を活かすプレーだったり、最後のフィニッシュでしっかり決めるところができたので、そういうところだと思います」
―自分の武器とは?
「裏へ抜けるスピードだったり、競り合いの強さだったりは自信を持っています」
―お兄さん(大貴、現日体大)も昨年まで筑陽でプレーしていた。
「自分のお兄ちゃんの時代は選手権準決勝で負けて、自分もその時に見ていて、『自分が絶対にヒガシを倒して全国で優勝したい』という思いが強くなりました。お兄ちゃんを越えるという気持ちでやっていきたい」
―今後へ向けた意気込みを
「今後選手権があるので、チーム全体で優勝を目指して頑張っていきます」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ



TOP