beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣たちが推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.2

このエントリーをはてなブックマークに追加

久留米氏が注目する旭川実高MF中田怜冶。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の第96回全国高校サッカー選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は幼稚園児から大人まで年間数百試合を全国各地で観戦し、様々な知見を蓄えているサポーター界の「観戦王」、ユース取材陣以上と言えるほど現場観戦を続ける久留米次郎氏( @sagankurume )による11名です。

久留米氏:「今回は所属するチームのカテゴリーにとらわれず、自分が見て面白かった選手、多くの人に見て欲しい・知って欲しいと思った選手をJ内定選手以外から選びました。総合力の高い選手より、一芸に秀でた選手が多くなっています」

以下、久留米氏が注目する11人
GK鈴木颯太(東京実高)
「驚異的な守備範囲の広さと足元の技術に自信を持つ“東実のデ・ヘア”。 味方DFの裏に出たボールに思い切り良く飛び出してクリアするプレーが十八番。バックパスを詰められた時に蹴るのではなく切り返して相手FWのプレスを外す大胆不敵さも面白い。たまに裏目に出ることもあるのだが、それでもプレースタイルを変えない強気さが最大の魅力」

DF河合航希(京都橘高)
「左右のSBに加えてボランチもこなす守備のマルチロール。左SBをやる時には左足でアーリークロスを上げ、右足でCK・FKのキッカーを務めるなど、左右両足で正確なロングキックを蹴ることができる。落ち着いたプレーぶりも印象的」

DF和田航希(国士舘高)
「1対1の対応力に優れ、統率力があるセンターバックでサイドチェンジも的確。得意のヘディングは飛距離も大きいし、後ろ向きの態勢からでもクリアが安定している。声で味方を盛り上げられるリーダーシップも魅力のキャプテン」

DF岸本駿朔(市立船橋高)
「細身だがヘディングの強さと落ち着いたフィードが特長のセンターバック。足元の上手いDFというのは往々にしてボールを持つ時間が長くなりがちだが、彼はボールを持つと味方が前を向けるタイミングで丁寧なパスをシンプルに供給する。危機察知能力も高く、ここぞのカバーリングとシュートブロックにも秀でる」

DF山口竜弥(東海大相模高)
「攻撃でも守備でも強気のプレーが持ち味の爆発力のある左SB。自陣の深い位置から一発で相手DFを裏返す精度と威力を持つ強烈な左足に、強靭な身体を生かした相手をなぎ倒すような突破は、元ブラジル代表のロベルト・カルロスを彷彿とさせる」

MF稲見哲行(矢板中央高)
「ボール奪取力と展開力が光る矢板のボランチ。激しい当たりでボールを奪うと華麗なターンでプレスを剥がし、ロングキックでサイドに展開。前線に上がると得意のミドルでゴールを狙う。強さと高さのあるヘディングはセットプレー時には相手の脅威となる」

MF島田直弥(市立長野高)
「ピッチ中央に君臨する“市立長野の心臓”。ボランチの位置でボールを受けての選択肢が豊富で、大きなサイドチェンジのパスを相手のいないスペースに出したり、湘南内定の新井光とのコンビネーションで中央を崩したりと、アシストの一歩手前のパスを効率よく出せる選手」

MF中田怜冶(旭川実高)
「スピードと突破力が抜群の“北海の疾風”。右サイドをドリブルで駆け上がり、相手DFを置き去りにしてのクロスが持ち味だが、味方にボールを預け、マークを剥がしてリターンをもらうことも得意。小気味良い仕掛けを繰り返すことで観客を味方につけ、『あいつにボールが渡ると何かが起こる』という空気を作れる選手」

MF神田凜星(静岡学園高)
「小柄で巧みでキレがある、いかにも静学らしいテクニシャン。加速と減速、ターンとストップを繰り返す細かいドリブルで相手を振り切るプレーに加えて一撃必殺のスルーパスも武器。試合から消えている時間帯もあるけれど、上手く中盤でスペースを見つけてボール持つと怖い存在」

FW桜井潤人(武南高)
「変幻自在のドリブルで相手を翻弄するテクニシャン。最前線よりちょっと下がった位置でボールを受け、スラロームのようなドリブルでスルスルと相手をかわしてシュートまで行ける。右足アウトサイドでの洒落たパスやワンツーを受ける動きなど狭い局面での打開力が高い」

FW森賢太郎(大東文化大一高)
「速さとテクニックを兼備したドリブルで相手CBを正面からぶち抜く“大東のスピードスター”。ストライドが広くどんどんとスピードが乗っていくドリブルは独特。裏に出されたボールへの反応も早い。その速さを生かしての追い込みで相手DFからボールを奪うプレーも再三見せる」
●【特設】高校選手権2017

TOP