beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

華麗な崩しからジルがオーバーヘッド!若手起用のアーセナル、10人レッドスター撃破で開幕3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリビエ・ジルのオーバーヘッドが決勝点に

[10.19 ELグループリーグ第3節 レッドスター0-1アーセナル]

 ヨーロッパリーグ(EL)第3節が19日に行われ、H組のアーセナル(イングランド)は敵地でレッドスター(セルビア)と対戦し、1-0で勝利した。第4節は11月2日に行われる。

 ターンオーバーを採用し、ELはプレミアリーグとは違うメンバーで戦うアーセナルは、14日のプレミア第8節ワトフォード戦(1-2)からGKペトル・チェフとMFモハメド・エルネニーを除く9人を変更。MFジョセフ・ウィルロック(18)とFWリース・ネルソン(17)といった若手を多く起用した一方で、32歳DFマチュー・ドビュシは326日ぶりの先発となった。なお、エルネニーは3バックの中央に入っている。

 2連勝中のアーセナルは前半15分、MFジャック・ウィルシャーのFKからゴール前で混戦となり、こぼれたボールをFWセオ・ウォルコットが左足で狙うが、GKミラン・ボージャンのファインセーブに防がれた。

 1勝1分で2位のレッドスターは前半26分、MFネナド・クルスティチッチの右CKからFWリッチモンド・ボアキエが頭で合わせるがクロスバーを直撃。31分にも右クロスからチャンスもクルスティチッチの立て続けのシュートも、GKとDFのブロックに阻まれた。

 後半の立ち上がりこそ互いに枠内にシュートを打ち込んだが、その後はなかなか決定機を作ることができない。均衡した状況が続く中、レッドスターは35分、DFミラン・ロディッチがMFフランシス・コクランとの競り合いでこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利に陥った。

 そして決勝点は後半40分に生まれた。アーセナルはPA手前でボールを受けたウィルシャーが反転から相手2人の間を抜け、ウォルコットのリターンパスをダイレクトでPA右に浮き球パスを送る。これをウォルコットがヘッドで中央に折り返し、オリビエ・ジルが左足オーバーヘッドでゴールネットを揺らした。アーセナルはこれで3連勝とし、グループリーグ突破に大きく前進した。

●EL17-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

TOP