beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2度の大怪我を乗り越えて…明治大FW木戸が「第二の故郷」福岡に加入内定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡への加入が決まった明治大FW木戸皓貴

 アビスパ福岡は23日、明治大のFW木戸皓貴(22)が来季から加入することが内定したと発表した。大学屈指のストライカーは、高校時代を過ごした“第2の故郷”をプロデビューの地に選んだ。

 熊本県益城町出身の木戸は熊本ユナイテッドSCから東福岡高に進学。3年次に背番号9を背負い、3回戦でPK負けを喫した全国高校選手権で優秀選手に選ばれた。2位となった高円宮杯プレミアリーグWESTでは、11ゴールを挙げて得点ランキング2位に輝いた。

 明治大進学後も1年次から出場機会をつかむなど、注目のストライカーとして君臨。しかし、2年次の総理大臣杯2回戦で右膝前十字靭帯損傷の大怪我をすると、リハビリから復帰して迎えた3年次の同大会決勝で、今度は反対の左膝前十字靭帯を損傷してしまう。

 その後、再びのリハビリを経て回復を見せ、4年次はユニバーシアード日本代表に選ばれるまでになったが、過密日程を踏まえて参加を断念。そうして並々ならぬ思いで臨んだ最後の総理大臣杯では、準々決勝と準決勝で決勝ゴールを挙げ、明治大の準優勝に大きく貢献した。

 木戸はクラブの公式サイトを通じて、「第二の故郷、福岡の地でプロ生活をスタート出来る事をとても嬉しく思います」と喜びのコメント。加えて「自分自身、怪我に悩まされた大学サッカーでしたが、その中でも自分を評価していただいたアビスパ福岡へ感謝の気持ちでいっぱいです」と、獲得に踏み切ったクラブに感謝を述べた。

 そして最後に「そして、ジュニア、ジュニアユース、高校、大学でご指導いただいた監督をはじめスタッフの方々への感謝の気持ちを忘れず、いち早くチームの力になれるように努力したいと思います」とメッセージを送っている。

プロフィールは以下のとおり

●FW木戸皓貴
(きど・こうき)
■生年月日
1995年6月28日
■利き足

■出身地
熊本県益城町
■経歴
熊本ユナイテッドSC-東福岡高-明治大
■代表歴
日本高校選抜(2015年)
U-18日本代表候補(2014年)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP